交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

後遺障害の申請の方法

1 後遺障害の申請には,次の2種類の方法があります。

①事前認定=加害者側の損害保険会社が後遺障害の申請を行う方法

②被害者請求=被害者が後遺障害の申請を行う方法

2 それぞれの方法のメリットとデメリット

①事前認定(加害者側の損害保険会社が後遺障害の申請を行う方法)

 <メリット>

  保険会社がすべてしてくれるので,交通事故被害者の方からすれば楽。

 <デメリット>

  思いもよらない不利な資料が出され,後遺障害の等級がつかない,あるいは,等級がついても本来の等級よりも低くなる可能性がある。


②被害者請求(被害者が後遺障害の申請を行う方法)

 <メリット>

  被害者の方に有利な資料等を提出することができるので,良い等級がつく可能性が高まる。

 <デメリット>

  資料収集や必要書類の作成が煩雑である上,必要な資料を出し忘れると,等級がつかない,あるいは,等級が低くなることがある。

  ただし,十分な知識・能力を備えた弁護士に依頼すれば,このようなデメリットはなくなる。

3 いずれの方法を選ぶべきか?

上記2のメリット・デメリットからして,②被害者請求を選ぶべきであることは明らかであると思います。

ただし,後遺障害の認定には,医学的知識,後遺障害の認定基準などの専門性の高い知識・ノウハウが必要となりますので,専門家選びは慎重にしてください。

専門家選びの際には,こちらのページ(賠償金等を相談する専門家選びのポイント)を参考にしてください。