交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

中川区の病院・整形外科一覧

名古屋市の
病院・整形外科一覧はこちら

中川区の
整骨院・接骨院一覧はこちら

中川区の
交通事故関連地域情報

雨の日の運転で注意すべきこと

雨の日の場合は,歩行者は晴れた日以上に車の存在に気が付きにくいものです。

傘で視界が遮られており,雨音で周りの音が聞こえにくいため,車が近づいてきていても気が付かないまま飛び出しなどをしてしまったり,水たまりを避けるなど運転手にとって予想もつかないような動きをしたりすることがあるかもしれません。

また,運転手の方も,傘に遮られて歩行者がどちらを向いているかわかりにくいということがあるかもしれません。

雨の日はブレーキが効きにくい場合もありますので,交通事故に特に注意して走行しましょう。

少しでも視界を良好に保つため,ワイパーの劣化などに注意することも大切です。

ワイパーが劣化していると水の拭き取りがうまくできず,動かしても視界があまりよくならないおそれがありますので,劣化を放置しないようお気をつけください。


交通事故後の症状の悪化・慢性化を防止するために

交通事故によるケガを放置していると,症状がますます酷くなってしまったり,慢性的にお体に出るようになってしまったりする場合があります。

そのため,交通事故からできるだけ早い段階で病院での検査を受け,症状への対応を始める必要があります。

検査を受けないまま,痛み止めを飲むなど症状に対してその場しのぎの対応をしてしまうと,ケガの内容によっては症状を根本的に治すことができず,悪化や慢性化を招くおそれがありますので,お気をつけください。

こちらでは,交通事故にあい,病院をお探しの方向けに名古屋市中川区の病院を一覧の形でまとめています。

名古屋市の
病院・整形外科一覧はこちら

中川区の
整骨院・接骨院一覧はこちら

中川区の
交通事故関連地域情報

交通事故を防ぐための想定

中川区は,区内を流れる中川運河からその名前をつけられた区です。

中川区には尾張四観音の秘湯である荒子観音寺などさまざまな史跡があるため,訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。

こうした史跡の周辺や住宅街など,歩行者が多い道で運転をする場合は,特に注意をしましょう。

運転をしていると,ついつい「歩行者の方も車に気がついているだろう」と思ってしまうことがあるかもしれません。

ですが,他のことに意識が向いている,周りに障害物があるなど,歩行者が車に気がつかない瞬間というのはいくらでもあるものです。

交通事故を防ぐためにも,お車を運転される方は歩行者が車の存在に気がついていないかもしれないということを常に想定して車を運転したほうがよいのではないでしょうか。

病院で交通事故の検査を受けましょう

交通事故にあった時,ご自分がケガをしていてもそれに気が付かないというのは,実は珍しいことではありません。

交通事故という普段とは違う状況下においては,痛みを感じにくくなってしまうということがありえます。

また,ケガの内容によっては後からじわじわと痛みはじめるものもありますので,注意が必要です。

ケガをしている自覚がないまま動き続けていると,お体に負担がかかりケガが酷くなってしまうおそれがあります。

ケガの症状がずっと残ってしまう,いわゆる「後遺症」の心配もありますので,ケガの早期発見と早期対応が大切です。

ケガを早めに発見するためには,やはり交通事故後できるだけ早く病院などに行き,検査を受けることが大切です。

病院で痛みや違和感などがある場所をきちんと伝え,レントゲンやCT,MRIなどの検査をお受けください。

こちらから,中川区にある病院をお探しいただけます。