交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

ムチウチについて弁護士に相談・依頼するタイミング

1 ムチウチとは

一般的にムチウチといわれる症状は,正式な医学用語ではなく,交通事故などに伴う頭部,頚部等への慣性外力によって連続的な過伸展と過屈曲が生じ,その周辺の箇所をムチウチ運動によって痛める特殊な症状のことを指し、診断書などには「頚椎捻挫」「腰椎捻挫」「外傷性頸腰部症候群」などと記載されます。

ムチウチは,頚部軟組織の局所的かつ軽微な損傷であることがほとんどで,初期治療を怠らなければ症状は次第に軽減・回復するケースがほとんどです。

2 ムチウチについて弁護士に相談・依頼するタイミング

もっとも,ムチウチ損傷それ自体が軽度であったとしても,痛みが長期間慢性的に残存することは少なくありません。

また,追突や衝突を受けた車の重量,速度,方向のほか,事故の状況や被害者の姿勢などによっては,深刻な頭頚部外傷が発生するケースも見受けられます。

そのため,交通事故に伴うムチウチに対しては,早期の重点的な治療・リハビリを行っていく必要があるため,事故直後の早い段階で交通事故について経験の豊富な弁護士への相談を行い,依頼を検討することが望ましいでしょう。

3 ムチウチについて弁護士に依頼することのメリット

弁護士に依頼することのメリットは,まず,加害者加入の任意保険会社との交渉などを弁護士が行ってくれることで,被害者自身は治療に専念する環境をつくれることです。

また,ムチウチであっても後遺障害が認定されるケースがありますが,交通事故について経験の豊富な弁護士に早期に依頼をしていれば,後遺障害の認定を見据えた治療方針についても的確なアドバイスをもらうことができます。

さらに,示談段階においても,加害者加入の任意保険会社は,弁護士に依頼していない被害者に対しては,いわゆる自賠責保険基準や任意保険会社基準等の低い基準に基づいた慰謝料を提示してきますが,裁判における訴訟代理人となれる弁護士に依頼をしている場合は,解決までに時間と手間のかかる裁判になることを回避するため,裁判所が採用する裁判所基準といわれる高い基準に基づいて算出された慰謝料を提示してくることになります。

4 早いタイミングで弁護士に依頼

このように,交通事故について経験の豊富な弁護士に依頼することは,ムチウチの適切な治療と適切な賠償を受けるためにとても重要なことなので,交通事故に遭った場合は,弁護士に早いタイミングで依頼を検討することが望ましいといえます。

お役立ち情報トップ