交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

山形にお住まいで後遺症・後遺障害について弁護士に相談したいとお考えの方へ

交通事故で大きなケガや長引くケガを負ってしまい,後遺障害が問題になる場合には,弁護士に相談することが大切です。

後遺障害は,認定されるか否かで損害賠償金額が大きく変わってきますが,十分に準備をせずに申請してしまうと,本来であれば認められたはずの後遺障害等級が認定されないおそれがあります。

適切な後遺障害が認定を受けるためには,申請を保険会社任せにするのではなく,後遺障害に詳しい弁護士に相談することをおすすめいたします。

弁護士を探す際には,地元の山形で弁護士を探す方法と,電話相談できる弁護士を探す方法があります。

いずれにしても,後遺障害は専門性の高い分野ですので,本当に詳しい弁護士を探すことが重要です。

後遺障害について弁護士に依頼したほうが良い理由

1 後遺障害を認定するのはだれか

交通事故による後遺障害とは、そもそも誰が決めるものなのでしょうか。

「身体に残ったケガや障害の程度に応じて決めるのだから、主治医が決めるのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、主治医が行うのは診察や検査の結果を診断書に記載することのみで、後遺障害として認定されるかどうかを判断することはありません。

実際の認定は、「損害保険料率算出機構」という機関が行います。

2 後遺障害の申請は弁護士と行うのがおすすめ

では、損害保険料率算出機構に後遺障害を認定してもらうための申請は、どのように行えばよいのでしょうか。

方法は2つあります。

一つは「事前認定」という、加害者が加入している任意保険会社に手続きを一任する方法です。

申請の手続きはすべて保険会社が代行してくれるため、被害者の方の手間は少なくて済みますが、申請書類に不備があったり、認定に必要な検査を受けていなかったりしても、それを指摘してもらうことができません。

そのため、後遺障害が認定されづらくなったり、認定されたとしても等級が低くなったりするおそれがあります。

もう一つは「被害者請求」といって、被害者の方自らまたは弁護士等に依頼して、自賠責へ直接申請を行う方法です。

こちらは、書類を被害者の方自らが準備する必要があるため、ある程度の手間がかかってしまいますが、そのぶん、ご自身のケガや障害の状態を細かく書面に記載することができます。

また、弁護士にご依頼いただければ、弁護士が資料の収集や書類内容の吟味などをサポートいたしますので、より適切な申請を行うことができるようになるかと思います。

特に、交通事故の案件を得意としている弁護士にご相談いただきますと、認定の確率が高くなることが少なくありません。

実際に申請を行う際は、弁護士のサポートを受けつつ「被害者請求」で進められることをおすすめいたします。

3 認定後は弁護士とともに損害賠償請求を

申請を行い、損害保険料率算出機構から無事に後遺障害が認定されましたら、認定された等級に応じて、加害者に慰謝料などの請求ができます。

後遺障害の慰謝料は、認定された等級に応じて計算されますが、自賠責が基準としている金額と、任意保険会社が基準としている金額、弁護士が基準としている金額はそれぞれ異なりますので、より適切な金額の慰謝料を受け取りたいという方は、弁護士にご相談ください。

お体に残ったケガや障害に応じた慰謝料を受け取れるよう、弁護士が保険会社との交渉などに対応してくれるかと思います。

交通事故サポートドットプロでは、交通事故に関するお役立ち情報を他にも掲載しておりますので、山形にお住まいで後遺障害などのお悩みを抱えていらっしゃる方は、そちらもご覧ください。

山形県の
交通事故関連地域情報

後遺障害に関するお悩みは弁護士へ

山形にお住まいの方の中にも,交通事故に遭ってケガを負ってしまったという方がいらっしゃるかと思います。

ケガが早く完治すれば何よりなのですが,場合によってはケガや障害が完治せず,後遺症としてお体に残ってしまうことがあります。

事故によって後遺症が残ってしまった場合は,その後遺症を「後遺障害」として認定してもらうための申請を行うことが,とても重要です。

なぜなら,後遺障害として認定されているか否かで,得られる損害賠償の金額が大きく変わってしまうからです。

また,後遺障害は第1級から第14級まで設定されており,等級によっても得られる慰謝料の金額などが異なります。

申請書類に不備があったり,ケガの状態を示す資料を適切に揃えられていなかったりすると,ケガの程度に見合わない低い等級しか得られなくなってしまう可能性がありますので,後遺障害の申請を行う際は,後遺障害に関する知識を持つ弁護士などの力を借りて手続きを進められることをおすすめいたします。

きちんとした知識を持つ弁護士にご相談いただければ,適切な等級を獲得するために必要な資料の集め方や,書類の書き方などについてのアドバイスを受けることができます。

また,後遺障害が認定された後も,獲得した等級に見合う金額の損害賠償を受けられるよう弁護士が保険会社との交渉などを行ってくれますので,より適切な損害賠償額を得られる可能性が高くなるかと思われます。

このように,後遺障害に関するご相談を弁護士にしていただくメリットは小さくないかと思いますので,山形にお住まいで後遺障害に関するお悩みを抱えていらっしゃる方は,弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。