交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

港区の整骨院・接骨院一覧

名古屋市の
整骨院・接骨院一覧はこちら

港区の
病院・クリニック一覧はこちら

交通事故にあわれた方々向けの情報です

交通事故にあうというのは,突然起こる出来事です。

そのため,ケガで接骨院への通院を始めようと思っても,どこへ行けばよいか,どのように行けばよいかわからないということもあるのではないでしょうか。

すでに行きたい接骨院などがある場合でも,お体のことというのは一生を左右するようなことですので,他の接骨院などとも比較したうえで選んだ方がよいかもしれません。

こちらでは,港区にお住まいの方々やお勤めの交通事故被害者の方ができるだけスムーズに通院をはじめられるよう,整骨院等をご紹介しております。

交通事故にあい,接骨院に行く必要が生じている方は,ぜひこちらの「港区の接骨院一覧」をご覧ください。


無理なく通える接骨院への通院

接骨院のサイトや詳細ページにて,営業曜日等もご確認いただけるかと思います。

交通事故によって負ってしまうケガの程度は,人によって異なります。

そのため,どれくらいの頻度でどれくらいの期間接骨院に通院する必要があるかというのも,人によって異なります。

何度か接骨院に通院する必要があるようなケガの場合,あまり通院に間が空いてしまうと交通事故のケガに対する施術の効果も半減してしまうかもしれませんし,その間に症状が悪化してしまうかもしれません。

そのようなことがなかったとしても,やはり通いやすい曜日や時間帯に開いている接骨院に無理なく通えれば,それに越したことはないのではないでしょうか。

接骨院が通いやすい曜日や時間帯に開いていれば,事故後万が一新たな症状が出てきたという時にも早めに相談しやすいのではないかと思います。

ですので,接骨院を選ぶ時にはその接骨院がどの曜日どの時間帯に開いているかということも確認して検討することをおすすめいたします。

実際にどのくらいの頻度で通院をするかということについては接骨院の先生と話し合い,無理なくしっかりと交通事故のケガを治すことができる予定を組みましょう。


むち打ち症などのケガの痛みが続いている時の対応

接骨院への通院をしていると,交通事故のケガの症状が段々と軽くなってくることもあるかと思います。

それはとてもよいことかと思いますが,そこで「まだ少し痛みはあるけれど,もう大丈夫だろう」と決めつけてそれまでできなかった運動などを再開してしまうと,交通事故のケガがまた悪化してしまうおそれもあります。

そのため,運動の再開をするかどうかの判断には注意が必要な場合があります。

症状が軽くなってきたらそれをきちんと接骨院の先生に話し,今までできなかったことを再開しても大丈夫かどうかということを確認するようにしましょう。

交通事故のケガをしっかりと治しきるためにも,まだ痛みがある場合にはくれぐれも無理はしないでください。

また,交通事故による痛みなどが続いている時にはそのことをきちんと通院先の接骨院などで伝えて,必要なぶんの施術が受けられるようにしておきましょう。


人が多い場所での交通事故に注意

港区内にはポートメッセなごやがあり,そちらでは企業の展示会やフリーマーケット,就職説明会などが行われることが多くあります。

そういった日には朝から多くの人が集まりますので,周辺道路を走る際には交通事故にお気をつけください。

大荷物を抱えていたり,慣れない靴で歩いていたりしてふらつく人などもいるかもしれません。

そういった方は周りをよく見る余裕がなかったり,横断歩道を渡るのが遅れたりするおそれもありますので,交通事故を防ぐためにも横断歩道上に交通事故の危険がないかどうか気をつけておきましょう。

歩道橋があるような場所であっても,すべての人が利用しているとは限らないため,「横断歩道の方には人はいないだろう」という思い込みはとても危険です。

思い込みによって交通事故の危険に気が付きにくくなってしまうこともありますので,くれぐれもお気をつけください。


渋滞中の追突事故

近くでは伊勢湾岸自動車道への乗り降りができますし,リニア・鉄道館などもあるため,車で訪れるという方も多くいらっしゃるかと思います。

歩行者等との交通事故はもちろん,車同士での交通事故にも,十分にお気をつけください。

娯楽施設の近くでは,渋滞が起こるということもあるかと思います。

道が混み合っていると,つい車間距離を詰めすぎてしまうということもあるかもしれません。

車間距離を詰めすぎていると,前の車が急ブレーキを踏んだ時に対応できず追突事故を起こしてしまうおそれがあります。

車間距離を詰めすぎているような車が複数いる中でそのような交通事故が起こると,後ろの車も連鎖的に追突事故を起こしてしまい交通事故の被害が拡大するおそれがありますので,ご注意ください。

混み合っていると「車間距離を詰めたら少しは早くつくだろうか」と思ってしまうこともあるかもしれませんが,多少詰めただけでは到着時間は変わりませんし,交通事故を起こしてしまったら到着どころではなくなってしまいます。

交通事故を起こさないようにするためにも,あくまで冷静に,列が動くのを待ちましょう。


お体にかかる衝撃とその影響

低速での交通事故については,どうしても油断してしまいがちかもしれません。

ですが,低速であっても交通事故は交通事故ですので,お気をつけください。

特に追突事故に関しては,思いの外大きな被害が出てしまいがちです。

追突事故にあってしまうと,「衝撃が来るぞ」と身構える前にお体には大きな衝撃がかかってしまいます。

そのため,お互いに低速で走っていた場合の交通事故であっても思いの外大きな衝撃を受け,首が大きく揺さぶられるなどしてケガをしてしまっているおそれがあります。

交通事故によって受けた衝撃の影響は,痛みやめまい,吐き気やしびれなど,むち打ち症の症状としてお体に出てくることがあります。

それらは最初の内は軽い症状かもしれませんが,そのうち悪化してしまうこともありえますし,後遺症になってしまうこともありえます。

低速の交通事故であったとしてもきちんと検査を受け,あとから症状が出てきた場合はお早めに接骨院に行って施術をお受けください。

交通事故の場合はむち打ち症などのように見た目ではわかりにくいケガをしていることも多いため,ご自分で症状に気が付いて接骨院への通院をはじめるということが重要になるかもしれません。


高速道路への合流

高速道路に入る際には,周りの車の流れに乗ることが大切です。

加速車線でしっかりと加速して,きちんと流れを見ながら高速道路に入りましょう。

「交通事故が起こりそうで怖い」という理由でなかなか加速ができない方もいらっしゃるかと思いますが,加速せずに低速で高速道路に入ってしまうと追突事故が起こるおそれがあり,かえって危険です。

交通事故を起こさず安全に合流するためにも,加速するように指示された場所ではきちんと加速しましょう。

しっかりと加速するためにも,加速車線に入る前に前にいる車としっかりと車間距離をとっておくことも大切です。

もちろん,いくら加速ができていても合流先の車よりも速い速度で走っていては交通事故が起こってしまうおそれがありますので,流れに乗ることのできる速度で走るようにしてください。

また,減速車線に入る場合も,速度にはお気をつけください。

まだ走行車線にいるのに減速してしまうと,それも追突事故の原因になってしまうおそれがあります。

追突事故にあってしまわないよう,減速車線に入ってから減速してください。

とはいえ,場所によっては加速車線・減速車線が極端に短いという場合もありますので,そういったところでは交通事故を起こさないよう臨機応変に対応することが大切です。

周りの車が急に減速するかもしれないということについても,想定しておきましょう。

ご自分が走る高速道路やその他の道の注意点について,実際に走る前にあらかじめ知っておくことというのも大切かと思います。


交通事故のケガに関して,接骨院で何でも相談してみましょう

交通事故にあってしまい,強い衝撃を受けると,その衝撃で首が大きく揺さぶられ筋肉などが損傷することがあります。

そのようにして負うケガは,一般的にむち打ち症と呼ばれています。

むち打ち症は見た目には特に異常がなく,交通事故にあってからあまり時間がたっていないうちはあまり痛みやその他の症状がないケガではありますが,そのままにしておくと重症化してしまったり,症状が消えずに後遺障害として残ってしまったりするおそれがあります。

交通事故によってむち打ち症などのケガをしてしまったら,そのケガが重症や後遺障害になることを避けるためにも,交通事故にあってからできるだけお早めに接骨院に行って処置を受けることをおすすめします。

事故後に症状が出てきた方は,お早めに接骨院でご相談になって,適切な処置をお受けください。

こちらのページでは,港区にある接骨院の情報をご覧いただけます。

交通事故にあい,まだ接骨院への通院をはじめていない方は,ぜひこちらの港区の接骨院一覧のページをご利用ください。


しっかりと交通事故のケガを治すために

しっかりと交通事故のケガを治すためには,接骨院等に通う際に「遠慮せず,交通事故のケガに関してはなんでも言ってみる」ということが大切です。

交通事故のケガは,事故直後は軽いことも多いですし,痛み以外にもさまざまな症状が出ることも多いため「こういったことを接骨院で相談してもよいのだろうか」と迷う交通事故被害者の方もいらっしゃるかと思います。

「むちうち症」などの交通事故のケガを残さないためには,接骨院等で交通事故後に感じた小さな症状に関してもしっかりと相談した方が良いかと思いますし,交通事故のケガに関する疑問や不安をそのままにしておくよりも接骨院での診療の際にしっかり相談しておいた方が心も休まるかと思います。

「こんなことを言ったら笑われたり怒られたりしないだろうか」という心配は不要かと思いますので,整骨院等の先生と一緒に交通事故のケガに向き合っていきましょう。

接骨院を探す時には,接骨院で交通事故のケガに関して色々なことを相談しやすいよう交通事故やむちうち症などのケガに詳しい接骨院をお探しになるといいかと思います。

こちらで港区にある接骨院をご覧いただけますので,交通事故によってケガをされた方はこちらの「港区の接骨院一覧」や当サイトにある「お役立ち情報」などもご参考にして通院する接骨院をお探しください。

名古屋市の
整骨院・接骨院一覧はこちら

港区の
病院・クリニック一覧はこちら

交通事故を起こさない運転

名古屋市港区には,区の名前が示す通り名古屋港があります。

港区内には国内でも有数の大きさを誇る名古屋港水族館などもありますから,港に特に用事がないという方も一度は訪れた経験があるのではないでしょうか。

区内にはその利便性から工場が多く建っているため,家族連れの車以外にもトラックなどの大型車両がよく通っています。

自分の乗っているものより大きな車が横や前にいると,運転に慣れていない方はつい緊張してしまい,運転を誤って交通事故を起こしてしまうこともありますので,一度深呼吸をするなどして落ち着いて運転していただきたいと思います。

運転に慣れてくるとあまり緊張をすることもなくなるかもしれませんが,その場合,今度は油断から生じる交通事故の心配があります。

運転に慣れてくるとつい交通事故の危険の確認が不十分になってしまったり,これまでの経験から「決めつけ」をして運転してしまったりすることがあるかもしれません。

そのように運転をしていると,今度は危険が生じた時に気がつけなかったり,反応が遅れたりしてしまうおそれがあります。

交通事故が起こってから後悔しても,すでに起こってしまったことは変えられません。

お車を運転される際には,交通事故を起こさないよう,緊張しすぎず油断せずの運転を心がけてください。

交通事故のケガを悪化させないために

さて,交通事故によって生じることが多いむちうち症というケガには様々な症状の表れ方があります。

そのため,周りにむちうち症経験者がいても,その人に効果があった対処方が他のむちうち症患者の方にも効くとは限りません。

聞きかじりだけで交通事故のケガに対処してしまうとかえって悪化したり,後遺症や後遺障害として症状が残ってしまい,一生付き合わなければならないという事態になってしまうこともありえるかもしれません。

そのようなことにならないよう,交通事故にあってケガをしたらできるだけ早く整骨院等に行って処置を受けるようにしましょう。

行った先の接骨院でできるだけ効果的な施術を受けるためにも,交通事故のケガについて詳しい接骨院に行くことが重要です。

とはいえ,「接骨院等が港区のどこにあるのかよく知らない」「知っている接骨院等では交通事故はやっていなさそう」という方もいらっしゃるかと思います。

すでに通う接骨院等を決めている方の中にも,選択肢があるようならもう少し多くの接骨院を比較して検討してみたいという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらのページで港区にある接骨院の情報を掲載していますので,ぜひご利用ください。

また,港区内だけでなく,近隣の区や,普段使っている路線上にある駅などから接骨院をお探しになるという方法もあります。

交通事故にあい,まだ接骨院に通っていないという方は,こちらにあります名古屋市港区の接骨院等の一覧や愛知県内の各市町村の接骨院一覧などをお使いになって,通院先となる接骨院等を見つけてください。