交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

静岡県の Pick Up 整骨院・接骨院 静岡県内の詳細検索はこちら

交通事故の衝撃から身を守りましょう

小さな子どもが車に乗る場合,シートベルトでは万が一交通事故が発生した時に体を守ることができないおそれがあります。

それどころかベルトが首にかかるなどかえって危険な状態になることがありますので,小さな子どもには年齢にあわせてチャイルドシートやジュニアシートを使用してください。

ジュニアシートは座高を上げてシートベルトを使用できるようにするためのものですが,クッションなどで代用しようとすると滑りやすく安定しませんので,交通事故の時に危険が生じてしまわないよう代用品ですませるのはおやめください。

きちんと使用していないと,場合によっては交通事故の衝撃でお子様が車外に放り出されてしまうおそれもあります。

交通事故が起こらないよう気をつけていても追突事故など避けることが難しい交通事故が発生することはありますし,事故を回避するための急ブレーキなどでもケガの危険が生じてしまうおそれはあります。

万が一交通事故が起こってしまった時の対策をしたうえで,交通事故が起こらないよう気をつけて運転しましょう。


お子様とドライブする際の注意点

お子様が一緒に車に乗っている場合,運転手の方はお子様の方に気を取られてしまわないようにご注意ください。

運転においては周りにあるさまざまな危険を確認し,交通事故が起こらないようにする必要がありますので,お子様の方に気を取られてしまっていると交通事故の危険を見逃してしまうおそれがあります。

同乗者の方がいる場合にはお子様の相手はそちらに任せ,運転手の方は基本的には運転に集中するようにしましょう。

どうしても相手をする必要が出てきた際は,交通事故を起こさないように安全な場所に車を停めてからにしましょう。


交通事故後じわじわと出る症状

交通事故にあってしまった後,目立った外傷などがないのを見てほっとされる方もいらっしゃるかと思います。

ですが,交通事故のケガの中には外傷がないものもありますし,事故後数日たってから症状が出てくるものもあるため注意が必要です。

たとえば交通事故のケガで有名なむち打ち症などは外傷が見当たらず,事故後レントゲンを受けても特に異常がみられないことも多いため,見逃されてしまいがちです。

症状も事故後じわじわと出てくることが多いため,「ちょっと痛いな」「何か変だな」と思っても接骨院に行かずそのままにしてしまう交通事故被害者の方も多いかもしれません。

その結果交通事故のケガの後遺症が残ってしまうこともありますので,交通事故にあわれた方はお気をつけください。

事故後痛みなどを感じた場合には,念のため接骨院に行って交通事故にあったことを伝え,痛みやその他の症状に対する処置をしてもらった方がよいかもしれません。

交通事故によるむち打ち症などのケガは,交通事故のケガを得意とする接骨院等でみてもらえる場合があります。


接骨院の情報をご覧いただけます

こちらのページにありますのは,静岡県内にある接骨院の情報です。

静岡県やその付近にお住まいで交通事故のケガで接骨院に行く方は,こちらの接骨院一覧ページから静岡県にある接骨院をお探しいただければと思います。

地域別,駅別にさまざまな接骨院の情報を掲載していますので,ご自分の生活にあわせて通いやすいところをお探しください。

地図や各院のホームページなどもご確認いただくことができます。

交通事故によって生じたケガは,むち打ち症など軽症と判断されるようなものでも対応によっては後遺症として残ってしまうことがあります。

万が一症状が残ってしまうと日常生活のさまざまな場面でつらい思いをすることになりかねませんので,後遺症が残らないに越したことはありません。

後遺症が残らないようにするためにも,交通事故後出てきたのが我慢しようと思えばできるような症状であっても,後で悪化するかもしれないということを考えて接骨院で相談するようにしてください。

悪化してしまってから施術を受け始めるのでは,どうしても早くから施術を受け始めるよりも治りが悪いおそれがあります。

静岡県の地域情報

交通事故の衝撃から実を守るために

こちらは「交通事故サポートドットプロ」の「静岡県の整骨院・接骨院一覧」のページです。

静岡県内で交通事故に遭われた方が「むちうち症」などのケガの治療をしっかりと受けられ,後遺症に悩むことのないよう,静岡県内の整骨院・接骨院の情報を多数ご紹介しています。

静岡県には東名高速道路のほか多数の高速道路があり,高速バスなどが多く通っています。

高速道路でのシートベルトの着用は義務付けられておりますし,着用しているかいないかでは,万が一交通事故が起きた時に身体に受ける衝撃が大きく異なりますので,高速バスに乗る際には,シートベルトの着用を忘れることのないようにしましょう。

さて,交通事故によってむちうち症などのケガを負った場合,事故後後遺障害などが残らないかどうかということがとても気になるのではないでしょうか。

交通事故によるむちうち症などのケガを根本的に治すためには,手技などによって,コリを的確にほぐし,血流を良くすることが有効であると考えられています。

コリは体の深い箇所にできることが多いので,その位置を特定した上で的確にほぐすためには,交通事故のケガに対する高度な技術が必要です。

そのため,後遺障害などを残さずに交通事故のケガを治すには,むちうち症などの交通事故のケガの治療の経験が豊富で,後遺障害を残さないための治療方法を日々研究しているようなところを探して通院することが重要です。