交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

東区の整骨院・接骨院一覧

  • 車道接骨院

    愛知県名古屋市東区葵3-4-4 サミクラウス車道 1F

    052-937-7780

    名古屋市東区の交通事故治療院。車道接骨院では,患者様それぞれの痛みに対して一人一人にあった親切かつ丁寧な施術を行うよう心がけています。つらい痛みを一刻も早く改善し,バランスのとれたきれいで健康な体をつくるお手伝いをさせていただきます。
  • おおぞね整骨院

    愛知県名古屋市東区東大曽根町33-24 第三百合ビル1F

    052-325-2960

    お仕事帰りOK! 21時半まで受付
    土日も営業! 交通事故対応!
    各種保険取扱い 急な痛み・ケガもお任せください!
  • めいほく接骨院 名古屋本院

    名古屋市東区大幸1-5-23

    052-711-1459

    交通事故の治療は、何よりも早期治療が今後の生活に関わりをもたらします。
    そのまま放置しておくと後遺症が残る場合もあり、特にむち打ち症などは後遺症となり長年辛い症状に苦しむことになりかねません。
    交通事故に遭われた方は、できるだけ早くご相談・ご来院ください。
  • えい整骨院

    愛知県名古屋市東区新出来二丁目6-15

    052-937-8711

    えい整骨院では、交通事故に遭われた患者様に1日でも早い改善と安心をご提供できるように患者様一人一人と向き合いその患者様にあった施術をさせて頂きます!24時間いつでもホームページの交通事故24時間相談ダイヤルにて受け付けております!LINEからでもご予約はできますので、どうぞご利用ください!
  • あおい針灸・整骨院

    名古屋市東区徳川町2502番地 マルカネエクセレンス1F

    052-982-7666

  • 泉2丁目接骨院

    名古屋市東区泉2-7-13 ライジング泉H・Mビル1F

    052-938-4628

名古屋市の
整骨院・接骨院一覧はこちら

東区の
病院・クリニック一覧はこちら

東区の
交通事故関連地域情報

交通事故にあわれたら当サイトをご活用ください

「東区の接骨院一覧」ページは,交通事故によってむちうち症などになってしまわれた方向けに名古屋市東区にあります接骨院等の情報をご紹介しておりますページです。

交通事故サポートドットプロをごらんになり,通院先の接骨院等は見つかりましたでしょうか。

交通事故にあってしまった場合,交通事故のケガが後遺症・後遺障害を残さず治るかどうか心配して,通院先となる接骨院等を慎重に選びたいという方も多いかと思います。

交通事故後,接骨院などでどのような処置を受けるかによって症状の治り方が異なる場合もありますので,接骨院をしっかりと選ぶということはとても大切です。

通常のケガや病気で通院先の接骨院などを探す場合,周りの方の口コミなどを参考にされる方も多いかもしれませんね。

ですが,交通事故経験がある方というのは周りにはあまりいないかと思いますので,接骨院等を選ぶにあたって交通事故経験者の方のアドバイスを聞くのも難しいのではないでしょうか。

交通事故サポートドットプロでは,こちらの「東区の接骨院一覧」ページのように地域の接骨院等のページをご用意しているほかに,交通事故や通院先選びに関する様々な情報ページもご用意しております。

交通事故被害者の方々のお役に立てるよう情報を掲載しておりますので,交通事故にあい接骨院選びで迷われた方は,そちらも参考にしていただければと思います。


交通事故によって生じるケガ

交通事故の衝撃によるケガというのは,普通のケガとは異なる点が多々あります。

通常のケガであれば傷口や出血など見た目の変化があることも多いかと思いますが,むち打ち症など交通事故によるケガには見た目の変化がないことも多く,発見が遅れてしまう場合があります。

そのため,交通事故にあってしまった場合は自分の体調が変化していないかどうかということに気をつけ,もし変化していたら早めに処置を受ける必要があります。

また,ケガというと「痛い」という症状を思い浮かべる方が多いかと思いますが,むち打ち症になるとしびれや吐き気などさまざまな症状が出ることがあります。

症状は交通事故が起こってからいきなり強く出るのではなく,じわじわと悪化していく場合もあります。

症状が少しずつ出てくるようなケガについては,これまで経験したことがないという方も多いのではないでしょうか。

悪化してからケガを治すというのはやはり大変な場合も多いかと思いますので,どんな症状であっても,症状の重さがどのようなものであっても,それらを見逃さず,お早めに接骨院への通院をはじめるようにしてください。


交通事故のケガから回復するために重要なこと

交通事故でのケガというのは,人によって症状の出方などが異なる場合があります。

そのため,「交通事故にあった後,痛みやしびれが酷かった」という方もいれば,「痛みはそれほどでもなかったけれど,身体がだるくなった」という方もいるかもしれません。

むち打ち症はレントゲン等の検査で異常がみつからないことも多いため,どのようなところで処置をしてもらえばよいか困っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうしたケガで接骨院に行く場合は,接骨院に行った時に症状について理解し適切な処置をしてもらうことができるよう,交通事故のケガに詳しい接骨院等や,一人一人の症状をしっかりと診たり,交通事故に関する話を聞いたりしてくれる接骨院等を選んで行くことが重要かと思います。

全ての接骨院が交通事故のケガを取り扱っているというわけではなく,接骨院によって得意分野や重視することは異なりますので,交通事故によるむち打ち症などで接骨院をお探しになる時にはよく検討しましょう。

交通事故のケガを重症化させたり後遺症にしてしまったりしないよう,交通事故にあってしまって接骨院に通う場合は,しっかりと納得行くよう接骨院等をお選びください。


接骨院での症状の相談

接骨院を決めたら,その接骨院でしっかりと事故後の症状を説明することも大切です。

交通事故のケガは見た目ではわからないような症状も多いため,適切な処置を受けようと思うとご自身が感じている症状をしっかりと伝えておく必要があるのです。

交通事故にあった後痛みや吐き気,手足のしびれやめまいなど複数の症状が出ている場合は,接骨院で全てについてきちんと相談しておきましょう。

軽い症状については話すことをためらう方もいらっしゃるかもしれませんが,交通事故のケガに関しては軽い症状が悪化してしまうことも慢性化してしまうことも決して珍しいことではありません。

そうなってから接骨院で相談するよりも早くから相談して施術を受け始めた方が症状も治りやすいかと思いますので,接骨院に行ったらきちんと相談しておきましょう。


接骨院でしっかりと治しましょう

このように,交通事故のケガの場合は接骨院などで症状をしっかりとみてもらったうえで,自分のケガにあった施術を受けるということが必要となります。

ですので,交通事故の後に出てきた症状を自分だけでなんとかしようとして自己流でのマッサージを行うと,効果があまりないどころか,患部を余計に傷つけてしまうなどして,かえって症状を悪化させてしまうおそれもあります。

効果があったとしてもそれで根本的に治るかはわかりませんので,「いつかまた症状が出てくるのではないだろうか」という不安にさいなまれずにすむように,一度接骨院でしっかりと施術を受け,交通事故のケガを治しておいた方がよいかと思います。

市販薬で交通事故による症状を抑えるというのも,それだけをずっと行っていたのでは交通事故のケガの症状を根本的に解決することにはならないおそれがありますのでご注意ください。

あくまで一時的な手段だということを忘れずに,早めに対応をとるということが大切です。

こちらの「東区の接骨院一覧」などをご覧になり,東区等で通院先をお探しいただければと思います。


散策中の交通事故にお気をつけください

東区は武家屋敷の面影を残す町や寺町地区など,様々な史跡や文化財があり,東区のホームページなどでも「東区史跡散策路」が紹介されています。

歴史や文化に興味がある方は,一度散策をされてみてはいかがでしょうか。

散策中は,景色などを楽しむとともに交通事故にもお気をつけ下さい。

場所によっては車が多く通る道もあるかと思いますので,気をつけていないと交通事故が起こってしまうかもしれません。

ついつい風景に夢中になってしまって交通事故にあうことがないよう,気をつけておきましょう。

もちろん,一見車が少ないように見える道であっても交通事故が起こることはありえますので油断は禁物です。

信号のない横断歩道などを渡る時も,周りをよく見て交通事故の危険がないことを確認してから渡るようにしましょう。

お手元に地図などがある場合,それを注視してしまうというのも危険です。

安全に道を確認するためにも,地図を見る時には一度交通事故の危険がないような場所で立ち止まって見るようにしてください。

また,お車を運転する方も,こうしたコースでは歩行者が多いかもしれないということを考え,交通事故を起こさないよう周囲に気を配った方が良いかと思います。

歩行者の視線の向きなどをよく見て,交通事故を防止しましょう。


突然車道に出るかもしれません

また,お車を運転される方は犬の散歩をしている人についても注意をする必要があります。

犬は時に思わぬ動きをすることもありますので,飼い主の方が引っ張られて車道の方に出てしまうということもあるかもしれません。

そういった時に交通事故が起こってしまわないよう,「突然車道へ出てくるかもしれない」ということを考えて運転するようにしておきましょう。

犬のフンを処理するなど飼い主が屈んで車から見えにくくなることもありますので,その点にも注意が必要です。

夕方や夜など涼しい時間帯を選んで散歩をする人もいますので,そういった時間帯にはライトをきちんと点灯させ,人がいるかどうかを確認できるようにしておきましょう。

時期によっては暗くなるのが早い場合もありますので,そういった点も意識するようにしてください。

交通事故の危険を見つけた時にきちんと回避できるよう,場所や時間帯によってはいつもよりスピードを控えめにして走ることも大切です。


歩行者ができる交通事故対策

夜間に出歩く人が交通事故にあわないためにできる対策としては,反射材をつけたりLEDライトを持ち歩いたりするという対策があります。

反射材をつけると自動車のライトを反射しますし,ライトを持っていると光を発することができますので,車からも「あそこに歩行者がいる」とわかりやすくなります。

スーツや学生服など目立たない色の服を着ていると,自分で思っている以上に周りから見えにくく,交通事故の危険が発生してしまうことがあります。

自分で「車から見えていないかもしれない」という自覚がない場合は特に,交通事故に対して無防備な行動をとってしまいやすいかもしれません。

そのため,こうした車から気が付かれやすい対策をとるとともに,「車から気が付かれていないかもしれない」ということについても意識しておくようにしてください。

交通事故にあわないようにするためとはいえ「夜間に出歩かない」というわけにもいかないかと思いますので,こうした対策をとって交通事故にあわないようにしましょう。


交通事故発生の報告

交通事故のケガを治そうと思うと,接骨院など,どこに通うとしてもどうしても費用はかかるかと思います。

そうした交通事故のケガの治療費を相手方の保険会社から支払ってもらうためには,交通事故発生証明書が必要となります。

これは警察に届出を行うことにより,発行できるようになります。

万が一交通事故が発生してしまった場合には,後々交通事故のケガの治療が必要になるかもしれないということを考え,きちんと交通事故発生の報告を行って,ケガがあるようなら人身事故で届け出ておきましょう。

後に交通事故によるケガが見つかったというような場合には,届け出を切り替える必要もありますので,ご注意ください。

その場ではケガがなく被害がほとんどないように思えたとしても,後から症状がでてきて接骨院などでの治療費が発生してしまったり接骨院などに通院してもお体に症状が残ってしまったりした場合に,交通事故発生の連絡をしていないと相手方から治療費を支払ってもらえないおそれがあります。

もしかしたら交通事故の相手方から「きちんとお金は払うから警察に言わないでほしい」と言われることもあるかもしれませんが,余計なトラブルを防止しその後の手続きをできるだけスムーズなものにするためにも,きちんと報告しておいた方がよいかと思います。

名古屋市の
整骨院・接骨院一覧はこちら

東区の
病院・クリニック一覧はこちら

東区の
交通事故関連地域情報

イベント時の混雑

東区は名古屋市の経済活動の拠点としての役割を担っていると言われており,徳川美術館や芸術文化センター,ナゴヤドームなどもあり,休日にお出かけになる方も多い区です。

ナドヤドームの周辺の道路は,野球の試合等イベントがある時には車で混み合う場合があります。

周辺の道路は歩行者や自転車なども多いかと思いますし,イベントによっては子どもの数が多いと考えられます。

興奮してかけだしてしまう子どもなど,交通事故が発生しそうな状況を見かけることはよくあるかと思いますし,混み合っている中で交通事故を起こしてしまうと,連鎖的に被害が広がってしまうおそれもあります。

混み合っていると思うように進めず,焦る場合もあるかもしれませんが,冷静な運転を忘れないようにしましょう。

駐車場内で起こりうる交通事故

特別なイベントがあるような日には,駐車場が混雑するということもあるかと思います。

混雑した駐車場では車・人ともに出入りが多く,交通事故が起こりやすくなっているおそれがあります。

ついスペースを見つけることに集中してしまいそうになるかもしれませんが,それだけではなく周りにもしっかりと目を向け,交通事故が起こらないようにしましょう。

子どもが多いようなところでは,運転席から見えにくい位置に子どもがいないかどうか,飛び出してきそうな子どもがいないかどうかということなどについても注意が必要です。

また,駐車場によっては誘導員がいることもあるかと思います。

そのような場合は,指示に従いながら,念のため自分でも行き先や周りを見て,交通事故が起こらないようにしましょう。

もちろん,誘導員との交通事故にもお気をつけください。

むちうち症の症状

さて,交通事故にあって数日後,もしも以下のような状態になったら,皆様はどうされるでしょうか。

「なんだかめまいがして,食欲もあまりない……それに,なんだか本を読んでいても集中が続かない……」

このような時,「疲れているようだからゆっくりと休む」という方も多いのではないでしょうか。

もちろん交通事故にあうということそのものがとても疲れることですが,この症状はむちうちによるものである可能性もあります。

もし交通事故によるむちうち症だった場合,接骨院などに行かずに放置すると後遺症としてこれらの症状がずっと残ってしまう可能性もありますので,交通事故からできるだけ間を開けずに接骨院等で施術を受けましょう。

むちうち症で接骨院に通院する場合

むちうち症の症状はこのように痛み以外のものである場合や,見た目ではわかりにくいものである場合も多いため,接骨院で症状を理解して適切に処置をしてもらうために,交通事故でのケガを得意とする接骨院に行く必要があります。

すでに行こうかどうか迷っている接骨院がある方は,念のためその接骨院が交通事故のケガを得意としている接骨院であるかどうかをお確かめください。

東区にある接骨院の情報は,交通事故サポートドットプロでもご覧いただくことができます。

こちらの接骨院一覧から東区にある接骨院をお探しいただけるほか,メニューから移動していただくと県内の各市の接骨院等の一覧もごらんいただけます。

通院する接骨院等をまだ決めていないという方はぜひこちらの接骨院等の一覧をご活用になり,接骨院をお探しください。