交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

東区の交通事故関連地域情報

  • 区内の『病院・整形外科』をお探しの方は こちらのページ をご覧ください。

  • 区内の『整骨院・接骨院』をお探しの方は こちらのページ をご覧ください。

  • 市内にある『弁護士法人心 名古屋法律事務所』の情報は こちらのサイト をご覧ください。

名古屋市の交通事故関連地域情報

天候による変化に注意

東区のように全域が市街地となっているところでは,通勤時間帯にこちらから他の区に移動される方も多いかと思います。

電車だけでなく道路網も充実しておりますので,お車で出勤されている方も多いのではないでしょうか。

道路の状態は天候によっても大きく変わりますので,交通事故を起こさないようお気をつけください。

たとえば雨などが降っていると道路が滑りやすくなるため,交通事故を起こさないために長めに車間距離を取る必要が出てきます。

そうなるとどうしても,普段よりも移動が遅れてしまうおそれもありますので,焦って交通事故を起こさないようにするという意味でも,天気が悪い日には早めに家を出たほうが良いかもしれませんね。


適切な交通事故治療の重要性

交通事故のケガの治療は,適切に行わないとかえって症状が悪化したり,後遺症が残ってしまうということが起こりえます。

そのため,治療を受ける時は適当に選ぶのではなく,交通事故のケガの治療に詳しそうなところに行って相談をするようにしてください。

早めに適切な治療を受けることにより,交通事故のケガの症状も残りにくく成るかと思います。

こちらで東区内での交通事故治療の情報などを掲載しておりますので,現在交通事故治療を受けられそうな場所をお探しの方,万が一の場合に備えて交通事故治療について知っておきたい方は,ぜひご覧ください。


安全確認が大切です

名古屋市東区は,ナゴヤドームを有しており,東区西部は久屋大通公園に面しているため,その周辺道路は人通りや交通量が多いかと思います。

特に,イベント等が開催される時は,駅から目的地に向かう歩行者の数が増えることが予想されます。

友人同士で歩いている時などは,車に対する危険意識が薄れ,誰かが注意してくれているだろうと思い込み,左右の確認を行わないまま道路を横断してしまうことや,気が付かない内に車道側に大きく膨らみ,歩いてしまっていることなどが考えられます。

交通事故の原因となりかねませんので,一人ひとりが安全確認をきちんと行う意識を持つことが大切かと思います。


子どもの側を走行する時は

子ども同士ですと,ふざけあったりしている内に,車道側にはみ出してしまうことが考えられます。

向かい側に魅力的なものを見つけ,そちらに気を取られ,左右の確認をしないまま道路に飛び出してしまうこともあるかもしれません。

このように,子どもは一つのことに夢中になると視野が狭くなってしまいがちです。

ドライバーの方は,子どもの側を走行する時は,飛び出してくるかもしれないという意識を持って運転されるといいかと思います。

急な飛び出しがあった場合は,咄嗟にブレーキを踏むかと思います。

飛び出してきた歩行者にぶつからなかったとしても,急ブレーキに対応できなかった後続の車に追突されてしまう交通事故にあってしまうことも考えられます。

車の損傷だけですむ場合もあるかと思いますが,交通事故の衝撃によってケガを負っている恐れもありますので,きちんと治療をうけることをおすすめします。

こちらのサイトでは,交通事故治療に関する情報等を掲載しておりますので,通院先探しなどに役立てていただければ幸いです。

県内の「地域名」から探す

県内の「駅」から探す

【近鉄】

【JR】

【名古屋市営地下鉄】

【名鉄】

【その他】

名古屋市の
交通事故関連地域情報

日本式庭園を楽しむことができます

愛知県名古屋市東区にある「徳川園」についてご紹介いたします。

徳川園は徳川御三家筆頭,尾張藩二代目藩主が造作したことに端を発し,その後,一度尾張藩家老の手に渡ったのち,尾張徳川家の邸宅となります。

昭和に入り,その時の当主が名古屋市に邸宅も庭園も寄付をしたときから,現在の「徳川園」が始まります。

太平洋戦争の大空襲で大規模な損害を受け,多くを焼失し,その後改修が行われた部分も多くありますが,黒門など,奇跡的に空襲の難を逃れたものもあります。

現在,敷地内には,美術館,レストラン,庭園が並んでいます。

中でも大きな池の周りを囲む形の日本式庭園はすばらしく,四季折々の花が楽しめることから,平日でも訪れる人が後を絶ちません。

行かれたことのない方は,ぜひ一度ご来園いただくことをお勧めいたします。

ただ,公共交通機関では少しアクセスしにくいところにございますので,お車で行かれた方がよいかと思います。

安全運転を心掛けて,交通事故等起こさないようお出かけください。

程よい緊張で安全運転しましょう

普段あまり運転をしない方の場合,こうしたところにお出かけするために運転する際は,何かと緊張することも多いかと思います。

適度な緊張は交通事故を起こさないためにも大切ですが,あまり緊張しすぎるとそれによってかえって交通事故の危険に気が付きにくくなったり,「こんな交通事故の危険があるかもしれない」という予想をしにくくなってしまうことがありますので,お気をつけください。

むちうち程度のお怪我であっても,治療の遅れや治療の内容によっては後遺症が残り,後遺障害として付き合っていかなくてはならないこともございます。

本サイトでは,交通事故のお怪我の治療について等,交通事故に関する情報を多数掲載しておりますので,万が一の場合に備えて,ご覧いただければと思います。