交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

大垣市の交通事故関連地域情報

岐阜県の交通事故関連地域情報

交通事故の治療における期間や頻度について

1 治療期間には個人差があります

交通事故によるケガの治療期間は、ケガの種類や程度、お身体の状態によって大きく変わります。

軽度の打撲ですと数週間程度の治療期間で済むこともありますが、むちうちや骨折などで重傷の場合は、数ヶ月にわたる治療が必要なこともあります。

保険会社によっては、事故から一定の期間が経過すると治療費の打ち切りを提案して来ることがありますが、この判断は、実際に治療を続ける必要があるか否かとは別問題です。

まだ痛みや不調などが残っている場合は、通院先に相談するなどして、治療を継続することをお勧めします。

2 適切な通院頻度とは

通院の頻度もまた、お一人お一人のお身体の状態に合わせて決定されます。

通常は、初回のカウンセリングや検査で専門家がお身体の状態を評価して、治療計画を立てることになります。

治療の初期では、週に数回の通院が必要かもしれませんが、症状が改善されるにつれて、通院の頻度が減少することがあります。

通院が面倒だと感じても、しっかり治療をしなければ症状が改善しないばかりか、悪化してしまう可能性もあるため注意が必要です。

3 通院しやすい院を見つけることが大切です

お身体の痛みや不調を根本からしっかりと改善するためには、定期的な通院が欠かせません。

通院頻度が高い場合、アクセスの良さや診療時間の柔軟性が求められるかと思います。

こちらのサイトで、大垣にある通院先を確認し、通院が負担にならない院を選ぶと良いかと思います。

交通事故によるケガの治療費と症状固定

1 治療費は誰が支払うのか

交通事故に遭って通院治療を余儀なくされた場合、通常、相手方保険会社が直接医療機関に治療費の支払いをするため、被害者は医療機関の窓口で支払いをすることなく通院できます。

しかし、痛みがあるからといって無期限で治療費が支払われるわけではなく、ある程度の期間通院すると、相手方保険会社から「そろそろ症状固定だから、治療費の支払いを打ち切る」と言われます。

2 打ち切りと症状固定の違いに注意

症状固定とは、これ以上治療を続けても、良くも悪くもならない状態のことをいいます。

症状固定日がいつかは、最終的には裁判所が決めますが、原則として主治医の判断が尊重されます。

相手方保険会社が症状固定日を決めるわけではないので、相手方保険会社から症状固定だと言われても安易に応じず、主治医とよく相談しましょう。

3 打ち切り後は通院できないのか

相手方保険会社から治療費の支払いを打ち切られても、それ以降、医療機関の窓口で治療費の支払いをしながら通院を続けることはできます。

打ち切りから症状固定日までに掛かった治療費については、相手方保険会社に支払いを求めることができます。

例えば、事故から3か月で相手方保険会社から治療費の支払いを打ち切られたけれども、それから2か月通院して症状固定となった場合、その2か月分の治療費も相手方保険会社に支払いを求めることができます。

もっとも、相手方保険会社は、「事故から3か月で症状固定と考えるから、それ以降の治療費は支払えない」と言ってくることが多いです。

そのため、打ち切り以降の治療費の支払いを求めるのであれば、しっかりと主張、立証する必要があります。

4 弁護士に相談

打ち切り以降の治療費を巡っては、相手方保険会社と主張が対立することが多いため、弁護士などの専門家に依頼しないと、適切に解決できない可能性があります。

症状固定時期でお困りの方は、弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

交通事故の過失割合と治療費の関係

1 交通事故の過失割合と治療費の支払

交通事故の過失割合で、過失割合が少ない方がお怪我をされた場合には、相手方の任意保険会社が医療機関に直接治療費の支払いを行うことが通常です。

これに対して、過失割合が大きい方がお怪我をされた場合には、相手方の任意保険会社は医療機関に直接治療費の支払いを行わないことが通常です。

この場合には、ご自身側の保険で人身傷害保険を使用できれば、人身傷害保険を活用して治療費の支払いを受けるか、相手方の自賠責保険会社に被害者請求を行い、治療費を回収することが考えられます。

2 人身傷害保険による支払いについて

人身傷害保険は、ご自身側の保険で、保険契約で定められた基準で保険金を支払う保険で、治療費、通院交通費、慰謝料などが保険契約で定められた基準で支払われ、概ねの損害が補填されるものになります。

人身傷害保険を使う場合には、人身傷害保険の保険会社から医療機関に直接治療費の支払いがされることが多いです。

3 被害者請求について

相手方に過失が生じる場合には、相手方の自賠責保険会社に治療費等を請求する被害者請求を行うことができます。

被害者請求を行う場合には、交通事故証明書を取り付け、相手方の自賠責保険会社を確認し、必要書類を取り付ける流れになることが多いです。

4 過失割合と治療費の金額の関係

過失割合が生じる場合には、治療費や慰謝料などを合計した金額に過失割合をかけ算し、その金額から既払金(支払われた治療費など)を控除した金額が、その段階で受け取れる金額になります。

たとえば、治療費が100万円+慰謝料100万円=損害額合計200万円の場合において、過失割合が当方20対相手方80、任意保険会社が一括対応を行い、治療費をすべて支払われた場合には、

200万円×0.8=160万円

160万円-既払金100万円=受け取れる金額60万円

となります。

5 過失割合が生じた場合には

人身傷害保険は過失割合に関係なく保険契約で定める基準で慰謝料などが支払われるため、人身傷害保険が使用できる場合には、お怪我に関する損害については、過失割合による賠償金の減額を気にせずに治療を継続できることがあります。

また、自賠責保険は傷害分について120万円を上限とし、自賠責基準通りの支払基準である限りは、ご自身の過失が7割以上ない限り、自賠責基準で満額支払われることになるため、事案の内容よっては、過失割合による減額を気にせずに治療を継続できることがあります。

過失割合と治療費の関係でお悩みの方は、交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのも選択肢の一つです。

交通事故の治療で健康保険を使用する場合の注意点

1 交通事故の治療は自由診療が多い

交通事故は、日常生活での受傷では起こらないような体の深部まで損傷していることがあります。

そのような状況を考慮し、交通事故では、しっかりとした治療を受けるために自由診療で治療を受けることが多いです。

2 自由診療のメリット

健康保険などの社会保険の治療の対象外の治療であっても自由診療であれば治療を受けられます。

その分、治療費は高額になりますが、治療の必要性と相当性が認められれば、賠償金として認められるものになります。

3 健康保険を使うと受けられない治療があることに注意

保険会社から、健康保険の使用をお願いされることがあります。

この場合に、安易に応じてしまったがために、健康保険外の治療が適切であったにもかかわらず適切な治療を受けられないことがあります。

特に、人身傷害保険(ご自身の治療費等を支払ってくれるご自身側の保険)を使用した場合に、健康保険の使用をお願いされることが多いです。

このような場合には、医療機関等に相談して、ご自身のお怪我の内容から健康保険治療でも十分な治療が受けられかを確認することが大切です。

そのうえで、自由診療が適切な場合は、保険会社と交渉することや保険代理店に協力していただくことなどが考えられます。

なお、人身傷害保険においては、基本的には、健康保険を使用しなければならないという義務規定はありません。

いずれにしても、健康保険の使用をお願いされた場合には、安易に応じないことが大切です。

4 相手方保険会社から健康保険の使用をお願いされた場合

相手方保険会社から健康保険の使用をお願いされた場合やご自身にも過失が生じる場合に健康保険を使用した方が良いかについてご自身で判断が難しいことも多いと思います。

適切な治療と適切な賠償を受けるために健康保険を使う方が良い場合とそうではない場合がありますので、お一人で悩まず、交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのも良いと思います。

交通事故で痛めやすい場所と治療について

1 首のケガが多いです

交通事故では、追突時の衝撃で首が強く揺さぶられるため、首を痛めてしまうケースが多く見受けられます。

このケガでは、首の筋肉や靭帯を損傷し、痛みが出てきます。

中には、首の可動域に制限がかかり、首をうまく動かせなくなってしまう場合もあります。

最初は大したことがない痛みだとしても、後から段々と痛みが増してくるようなケースも少なくありませんので、軽視してしまわずに、なるべく早く適切な治療を受けることが大切です。

2 治療を受けずにケガを放置するリスク

交通事故で生じた首のケガをそのまま放置してしまいますと、事故の衝撃で硬くなった筋肉がほぐれずにコリとして残ってしまい、痛みを長引かせる原因になってしまうおそれがあります。

神経を圧迫してしびれが出てくる場合もありますし、後遺症としてそれらの症状が残ってしまう場合もあります。

ケガを放置すると上記のようなリスクがありますので、まずはお早めに適切な治療を受けることが大切です。

3 早期に適切な治療を受けることが大切です

筋緊張をほぐして血流改善を図り、自然治癒力を促す効果のある機器を用いた治療を受けることで、痛みの緩和やケガの回復が早まることが期待できます。

早期にこういった適切な治療を受けることで、根本改善できる可能性が高まりますので、まずは交通事故治療を得意としているところにご通院ください。

治療後も症状が続いている方へ

1 治療後に再発する痛みでお悩みの方へ

交通事故によるケガの治療を受けた直後は痛みが改善するが、時間が経つと痛みがぶり返してしまうと言うお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

交通事故のような強い衝撃をお身体に受けると、身体の深部組織を損傷してしまう事があります。

これに気付かず、痛みが出ている表面部分に対する治療だけになってしまいますと、根本的な改善に繋がらず、痛みが再発してしまう恐れがあります。

痛みの原因を追究し、根本改善に向けてお一人お一人に合った治療を提案してくれる院をお選び頂くと良いかと思います。

2 治療を続けていても症状が改善されない方へ

交通事故に遭ってからケガの治療を続けているが、あまり改善している気がしないと言うお悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

交通事故で痛めた筋肉や筋膜などは、損傷箇所や損傷の程度を外見から判断する事が難しく、適切な部分に的確な治療を行う為には技術が求められます。

その為、交通事故によるケガの治療を得意としている院に通院する事が大切です。

3 治療後も症状が改善されない方へ

交通事故によるケガは、残念ながら痛みや痺れなどの症状がお身体に残ってしまう事があります。

治療後もこのような症状でお悩みの方は、交通事故のケガの治療を得意としている院に通院し、適切な治療をお受けになる事をお勧め致します。

なかなか改善されない痛みであっても、原因となっている部分に的確な治療を行う事で、少しずつ改善出来る可能性があります。

交通事故の治療を行う際の一般的な検査

1 レントゲン

病院や整形外科では、交通事故でケガをした際に骨折の有無を確認する為、レントゲン撮影をするケースが多いです。

レントゲン写真で骨の状態を確認し、異常がなければ、状況に応じて痛み止めや湿布を処方します。

2 画像検査

神経や靭帯、椎間板などの状態を確認する際は、MRI検査を行う場合があります。

その他にも、CTやエコーなどの機器を使った検査方法があり、必要な検査はケガの状態によって異なります。

3 触れてお身体の状態を確認する検査

実際にお身体に触れながら、関節や筋肉の状態を確認する検査です。

直接触れながら状態を確認して行きますので、より細かく状態を把握する事が出来ます。

また、この検査では、関節の動きに制限がないか、左右対称に動かす事が出来るのかなど、関節の可動域についても確認して行きます。

4 適切な検査を受ける

治療方針を判断する上で、必要な検査を受けてケガの状態をしっかりと把握するという事は大切なポイントとなります。

交通事故のケガの治療を得意とする院であれば、どのような検査が必要かを判断し、適切な検査を受けられるかと思いますので、通院先を選ぶ際は、交通事故治療を得意としているかどうかを確認すると良いかと思います。

交通事故によるケガの痛みを長引かせない為に

1 ケガの痛みの原因を追究する事が大切

お身体の深部を損傷していたり、痛みが生じている部分とは少し離れた部位に痛みの原因があったりする場合は、形式的な治療だけでは十分ではなく、痛みを根本から改善する為に、痛みの原因部分に適切な治療を行う事が必要です。

交通事故によって生じたケガに対して、なかなか痛みが改善されないというお悩みを抱えている方は、まずはケガの痛みの原因を追究し、お身体の状態に合った適切な治療をお受けください。

2 早い段階で適切な治療を受ける事が大切

交通事故のケガの中には、事故直後は比較的痛みが軽いものや、一見するとケガをしていないように見えるものがあります。

外傷がなく痛みが軽度である事から、自然に回復するのを待って様子を見てしまう方もいらっしゃるかと思いますが、適切な治療を受けずにいる事によって、ケガの状態が悪化し、痛みが長引いてしまう恐れがあります。

身体の内部にある筋肉や靭帯の損傷といった目には見えない部分のケガは、適切な治療を受ける事が必要となりますので、交通事故でケガをしてしまった場合は、なるべく早い段階で適切な治療を受ける事を心掛けてください。

3 適切な頻度で治療を受ける

ケガが回復するまでしっかりと通院をして、適切な治療を受けるという事も大切なポイントです。

まだ回復していない段階で治療を止めてしまったり、通院の間隔が空いてしまった事が原因で、ケガの痛みがぶり返してしまうケースも少なくありません。

長引く痛みに悩まされてしまう恐れがありますので、しっかりと回復するまで無理なく通院を続けられるように、通いやすい院を選ぶと良いかと思います。

交通事故の治療を受けるにあたって

1 治療を受ける通院先を探す際の注意点

交通事故のケガは、擦り傷や切り傷、骨折だけでなく、筋肉や靭帯、神経を損傷するケガをしてしまうことも少なくありません。

お身体の様々な部分に影響が生じている場合がありますので、これらのケガを見逃すことなくきちんと対応できる通院先を探すことが大切です。

また、通院の負担をできる限り軽減し、適切な頻度で通院を続けられるように、通いやすい通院先を選ぶことや、疑問点等を気軽に質問できる雰囲気の院を選ぶということも重要です。

大垣で通院先をお探しの方は、交通事故サポートドットプロの情報も参考にしていただければと思います。

2 治療を受ける際の注意点

あまり痛みを感じない日、強く痛む日などのように、痛みに波がある場合や、痛む部分が変動することもあるかと思います。

このような痛みを抱えている方の中には、治療を受ける際に、痛みが強い箇所や、痛みが続いている部分のみを伝える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、伝えていなかった部分の痛みが後から増してくることも考えられますので、身体の状態をきちんと把握してもらうためにも、漏れなく伝えることが大切です。

交通事故の治療に対応している通院先の探し方

1 インターネットで検索する

交通事故によるケガで通院先をお探しの方は、交通事故治療に対応している院に通うことが大切です。

交通事故のような強い衝撃をお身体に受けると、筋肉や靭帯、神経といった目には見えない部分にケガをしてしまうことが考えられます。

このようなケガは、レントゲン写真でケガの具合を確認することが難しく、異常なしと言われてしまうケースもあるようです。

交通事故のケガはお身体の様々な部分に影響が生じる可能性があるということを知っている院であれば、身体の状態に見合った適切な治療を受けられることが期待できます。

交通事故の治療に対応している院の探し方の手段の一つとして、インターネットを利用することがあげられます。

ホームページ上に情報を掲載している院も多いため、交通事故のケガを得意としているかを確認されるとよいかと思います。

2 交通事故サポートドットプロを参考にする

当サイトでは、交通事故に遭われた方に対し、様々な情報を提供しています。

大垣市内の病院・整形外科、整骨院・接骨院の情報も掲載しておりますので、通院先をお探しの際は、当サイトの情報も参考にしていただければと思います。

お気軽にご活用ください。

交通事故による様々なケガに対する治療について

1 交通事故でよくあるケガ

首が前後に揺さぶられることで、首を痛めてしまうケガが多く見受けられます。

むちうちと呼ばれることが多いケガですが、このケガの治療は、痛みが強い時期に行う治療と、痛みが落ち着いてきた時期に行う治療があります。

痛みが強い時期は、十分に注意を払った上で、適切にコントロールされた特殊な運動療法が必要です。

多くの場合、この運動療法がなされていません。

これが出来ないのであれば、なるべく動かさないように安静にすることが大切です。

場合によっては、頸椎カラーをつけることで安静を保ったり、鎮痛剤が処方されたりすることもあります。

痛みが落ち着いてきましたら、手技を中心に患部をケアすることで血流を改善し、よい状態になるように整えていきます。

2 交通事故で骨折した場合

骨折の治療法として、ギプスや添え木を用いて固定し、骨がくっつくまで待つ方法と、手術によって骨をネジなどで固定する方法があります。

骨を元の状態に戻す治療とは別に、リハビリ治療も必要となります。

徐々に動かせる範囲を広げていき、無理なく動かせるようになることを目指します。

整形外科が得意とする治療と接骨院が得意とする治療はそれぞれ異なりますので、状況に合わせて通院先を選ぶとよいかと思います。

交通事故でケガをしてしまった場合は、痛みを我慢せずに、まずは治療を受けることを心がけてください。

交通事故で通院する際の治療までの流れ

1 受付時間を確認する

交通事故のケガの通院先として、病院と接骨院が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

院ごとに異なりますが、病院は18時頃までの受付時間であることが多い一方で、接骨院は20時や21時といった夜遅くまで受け付けていることが多いようです。

予約制で待ち時間なく治療を受けられる院もありますので、予約が必要かどうかも事前に確認されることをおすすめします。

複数回通院することになる場合が多いため、通いやすい院を選ぶと良いかと思います。

大垣で通院先をお探しの方は、当サイトの情報もご覧ください。

2 検査やカウンセリングを受ける

交通事故のケガといっても、事故状況等によってケガの程度などが異なります。

まずは、どこがどのような状態になっているから、どのような症状が出ているのかを検査でしっかりと調べた上でカウンセリングしてもらうことが大切です。

院によっては、ケガの状態等を問診シートに記入する場合もあるようです。

このような場合でも、文章で伝えにくいことは、カウンセリングや検査の際に言葉でしっかりと伝えることを心がけてください。

3 ケガの治療を受ける

現在のお身体の状態や、どのような治療が効果的なのか等、治療を受ける前に説明があると、安心できるかと思います。

わからないことや不安なことをそのままにしてしまわずに、気軽に相談できる通院先に通うことも大切です。

交通事故治療の費用

1 交通事故の治療費の支払い

交通事故によるケガで複数回治療を受けることや、通院期間が長くなることもあるかと思います。

そのような場合に、治療費は誰が支払うのか不透明なままですと、不安なお気持ちを抱えたまま治療を受けることになってしまいます。

交通事故被害に遭われた方の治療費は、保険会社が負担する場合が多いです。

自己負担なく治療を受けることができるのか、自己負担が生じる場合はいくらなのかといった治療費に関することは、治療を受ける前に通院先に確認されることをおすすめします。

2 治療費についてしっかりと説明を受ける

交通事故被害に遭われた方の治療費は、被害者の方が治療費を立て替える場合があるなど、状況によって様々なパターンが考えられます。

事前に治療費について丁寧に説明してくれる通院先であれば、安心して通院することができるかと思います。

治療を受ける上で信頼できる通院先を選ぶことも大切なポイントですので、不安や疑問を払拭してくれる院を探されるとよいかと思います。

交通事故サポートドットプロでは、大垣で交通事故治療を受ける通院先をお探しの方にとっても参考にしていただけるような情報を掲載しておりますので、ご覧いただけると幸いです。

交通事故治療を受ける際の注意点

1 交通事故治療を得意としている通院先を選ぶ

交通事故のケガは、外見からはわかりにくく、お身体の複数の部位にケガをしていることがあります。

このようなケガに対し適切な治療を行うためには、交通事故のケガに対する知識や経験が必要となりますので、交通事故治療を得意としている病院や接骨院を選ぶことをおすすめします。

交通事故治療を得意とする院では、ケガの状態や痛みの範囲を適切に把握し、個別に適した治療方法を提案できるので、早期の改善が期待できます。

2 交通事故の状況やケガの痛みについてしっかりと伝える

交通事故の状況から、お身体のどの部分にどのような負荷がかかったのかを想定することができます。

また、お身体のどの部分がどのように痛むのかを伝えてもらうことで、ケガの状態を把握することができます。

交通事故によるケガは、レントゲンなどの検査では分からないこともあるため、カウンセリングが非常に重要です。

交通事故の状況やケガの痛みについてしっかりと伝えることで、ケガの見落としを防ぐだけでなく、より効果的な治療にも繋がります。

3 信頼できる院に通院する

交通事故のケガが回復するまで、定期的に通院することになる場合が多いです。

信頼できる通院先を選ぶことで、安心して治療を続けることができます。

不安や疑問に丁寧に対応してくれる院や、治療内容やプランについて事前にきちんと説明がある院など、ご自身に合った院をお選びください。

自身に合った通院先を選ぶためには、インターネットや口コミなどを活用し、慎重に選ぶことが重要です。

当サイトでは、交通事故や通院先に関する情報を掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。

交通事故のケガの治療を受ける場所でお悩みの方へ

1 交通事故を得意としている院を選ぶ

交通事故でケガをしてしまった際、どこで治療を受けるかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

交通事故のケガは、レントゲンでもひと目で判断出来ない分かりにくいケガも多い為、交通事故のケガに関する知識を有しており、治療経験が豊富な院の方が、適切な治療が期待出来ます。

その為、通院先を探される際は、まずは交通事故治療を得意としているか確認される事をお勧めします。

2 通いやすい場所にある院を選ぶ

回復までの期間、定期的に治療を受ける事が必要となる場合が多いので、無理なく通院を続ける為にも、通いやすさは重要なポイントです。

スムーズな通院が難しいようなケースですと、治療途中で通院が億劫になり、しっかりと回復する前に治療を止めてしまう事になりかねません。

回復前に治療を止めてしまいますと、後遺症としてケガがお身体に残ってしまう恐れがありますので、ご自身の生活スタイルに合った通いやすい院をお選びください。

3 交通事故サポートドットプロの情報を参考に

当サイトでは、交通事故治療に関する情報を掲載しております。

交通事故のケガの治療を受ける場所でお悩みの方は、当サイトをご覧頂き、参考にして頂ければと思います。

大垣の周辺の院もご紹介しておりますので、ご覧ください。

交通事故の治療を受けるタイミング

1 なるべく早く治療を受ける

交通事故に遭われた場合は、外傷を伴うケガや痛みがなかったとしても、見た目だけでは分からないようなケガをしている場合がありますので、お近くの病院や接骨院でみてもらうことが大切です。

早い段階で適切な治療を受けることによって、ケガの早期回復が期待できます。

ケガの痛みがお身体に残ってしまうこともありますので、交通事故後に痛みや違和感がある場合は、なるべく早く適切な治療を受けるために通院を開始されることをおすすめします。

2 あとから痛みが生じる場合があります

交通事故のケガの中には、あとから痛みが生じる場合もあります。

事故直後は痛みがなかったため、ケガをしていないと判断されてしまう方もいらっしゃるかと思います。

そのように思っていた場合であっても、あとから痛みが生じた際は、交通事故によるケガであることを疑い、適切な治療を受けることが重要です。

治療を受ける際は、交通事故の治療を得意としている院を選ぶと安心かと思います。

3 痛みが続いている場合も相談

痛みが続いている場合や、治療の直後は痛みが和らぐが、時間の経過とともに痛みがぶり返してしまうといったお悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

痛みがある状態をそのままにしてしまいますと、悪化してしまうおそれもありますので、交通事故治療を行っている院にご相談ください。

ケガの根本改善を目指した適切な治療を受けることで、痛みが改善する場合もあります。

大垣で交通事故の治療を得意としている通院先を探される際は、当サイトを参考にしていただければと思います。

県内の「地域名」から探す

【岐阜地域】

【西濃地域】

【中濃地域】

【東濃地域】

【飛騨地域】

県内の「駅」から探す

【JR】

【名鉄】

【その他】

  • 養老鉄道養老線

岐阜県の
交通事故関連地域情報

こちらは,『交通事故サポートドットプロ』の大垣市(おおがきし)の交通事故関連情報のページです。

大垣市には日本の主要交通網である名神高速道路などが通っていて,主要都市圏へのアクセスが便利となっているため,大垣市内からご旅行をされる際,電車などを使わず,車でお出かけになるという方も多くいらっしゃいます。

車で長時間の移動をする際には,きちんと休憩をとって集中力を維持するのはもちろん,夏場には空調管理や水分補給をするのも忘れないようにしましょう。

お子様の様子にも,注意を払っておきましょう。

そして,夏場の休憩や水分補給の際には,お子様が眠っているような場合であっても車内に放置するのは避けましょう。

車内が高温になる恐れや,車内にある危険なものを触ってしまう恐れがありますので,お子様の安全を第一に考えて行動することをお勧めします。

また,高速道路上では,周りの風景が単調になりがちであるため,普段よりも距離をつかみにくくなる場合があります。

高速道路で運転をする際には,普段以上に車間距離にも気を配りましょう。

当ページでは,「鞭打ち(ムチウチ)」などの怪我の治療や後遺症・後遺障害などに関連のある施設,例えば,整骨院・接骨院などについてまとめています。

「ムチウチ」などの怪我をされた方が特に慎重に検討するべきなのは,治療に際しての医療機関選びです。

これをどう選ぶかによって,治療,賠償の内容に大きな差が出てしまいますので,当サイトの他のページなども参考にしていただいて,治療,賠償の双方の面から手厚くサポートしてもらえる医療機関を見つけていただきたいと思います。

また,より多くの交通事故被害に遭われた方々のお役に立てるよう,皆様から情報をいただきましたら,それを反映する形で当ページを更新していきます。

大垣市内や,岐阜県内の他の市町村などにあるおすすめの病院,整骨院・接骨院や知っていて役立った知識などをお持ちでしたら,ぜひ,「運営会社・お問合せ」のページから,ご連絡いただきたいと思います。