交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

知多市の交通事故関連地域情報

  • 市内の『整骨院・接骨院』をお探しの方は こちらのページ をご覧ください。

  • 『弁護士法人心 名古屋法律事務所』の情報は こちらのページ をご覧ください。

市内の地域の交通事故関連情報

  • 新知
  • 日長

愛知県の交通事故関連地域情報

交通事故による頸椎捻挫とその治療

  • 最終更新日:2024年1月30日

1 交通事故後に多い頸椎捻挫について

頸椎捻挫は、交通事故の衝撃で首が前後に強く振られることで、首の骨や筋肉、靱帯などが損傷してしまい起こります。

特に追突事故では、予期せずに強い衝撃を受けるため、首の負担が大きくなります。

頸椎捻挫の症状は、首の痛みやこり、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、手足のしびれなど、様々なものがあります。

また、症状は受傷直後に出る場合もあれば、数時間から数日後に出る場合もあります。

そのため、交通事故に遭ったら、たとえ痛みがなくても、お身体の検査を受けることが大切です。

2 頸椎捻挫の治療方法

頸椎捻挫の治療方法は、症状の程度や経過によって異なります。

痛みがある場合は、電気療法、超音波療法といわれる、機器を使って刺激を与える治療によって、痛みを緩和します。

首の動きを制限して安静にするために、コルセットなどの装具を装着するケースもあります。

痛みがある程度収まったタイミングで、首の可動域や筋力を回復するために、ストレッチや体操などの運動を行うことがあります。

また、自己判断で治療を中止したり、無理な運動をしたりすると、症状が悪化したり、後遺症が残ったりする恐れがあるため、注意が必要です。

3 交通事故治療を得意とする通院先へご相談を

頸椎捻挫は、外見では負傷の程度を判断することが難しく、レントゲン検査などでも確認できないこともあり、適切な治療を受けるには、頸椎捻挫をはじめとする交通事故後のケガの治療に関する知識と経験が求められます。

そのため、交通事故治療を得意とする通院先を選ぶことが重要です。

例えば、通院前にホームページ等で、交通事故によるケガの診断や治療の実績があるか、交通事故後の後遺症の予防や対策ができるかなどを確認されるとよいかと思います。

交通事故のケガの治療にかかる期間

1 交通事故のケガの治療期間は様々

交通事故のケガでは、1か月程度で完治する方もいらっしゃれば、1年治療を続けたにもかかわらず完治まで至らない方もいらっしゃいます。

2 保険会社の治療費の打ち切りに注意

被害事故の場合、相手方の任意保険会社が、直接医療機関に治療費を支払うことが通常ですが、一定の時期で治療費の支払いを打ち切られることが多いです。

事故状況や症状の経過などによっても異なるため一概には言い切れませんが、打撲捻挫だと3か月~6か月程度、骨折では3か月~1年程度で治療費の打ち切りが提案されることが多いです。

保険会社の治療費の支払い(一括対応による支払い)の打ち切りは、保険会社が独自の判断で行うことができるため、治療費の支払い期間を交渉しても打ち切られてしまうことがあります。

打ち切られてしまった場合であっても、治療の必要性と相当性が認められれば、事後的に支払いを受けられる可能性がありますので、交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

3 被害者請求

保険会社から治療費の支払いを打ち切られた場合であっても、被害者請求(相手方の自賠責保険会社へ治療費等の支払いを請求する制度)を活用して、治療費などを回収できることがあります。

被害者請求を行う場合には、交通事故証明書、支払指図書、事故発生状況報告書、印鑑登録証明書など様々な書類が必要になりますので、交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

4 症状固定

主治医が症状固定(症状が慢性化した状態)と判断した場合には、基本的には、その後に生じた治療費は支払われません。

また、主治医が症状固定であるとは判断していない場合であっても、事故状況や症状の経過などを考慮したうえで、裁判では、一定の時期で症状固定と判断されることもあります。

5 交通事故のケガの治療期間でお悩みの方は

保険会社の打ち切りやその対処法については事案によって様々ですので、交通事故のケガの治療期間でお悩みの方は交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

打撲をした場合の治療

1 交通事故でよくある打撲

車内にいる状態で交通事故に遭った場合は、座席やハンドルに膝をぶつけたり、ドアに肩をぶつけたり等の打撲が考えられます。

歩行時やバイクに乗っていた際に交通事故に遭った場合は、転倒時の打撲が多いのではないでしょうか。

いずれの打撲も、強い力がかかったことによって生じているため、損傷の程度や身体への影響が大きいことが予想されますので、「打撲だから大丈夫」と楽観視せずに、適切な治療を受けることが大切です。

「打撲だと思っていたら骨折していた」ということもありますので、ご注意ください。

2 打撲は早期の治療が大切です

応急処置をしているかどうかによって、ケガの回復までの時間が変わってきます。

応急処置をすることによって、ケガの重症化を防ぐことができる可能性がありますので、まずはRest(安静)・Icing(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)のRICE処置を行うことが大切です。

この処置はあくまでも応急処置となりますので、応急処置をしたからといって安心してしまわずに、適切な治療を受けるために通院するようにしてください。

知多で交通事故に遭い、治療を受けるための通院先をお探しの際は、当サイトに掲載されている情報も参考にしていただければと思います。

治療前のカウンセリングが大切です

  • 最終更新日:2022年12月29日

1 筋肉組織等の損傷は外見からはわかりにくい

交通事故で筋肉や筋膜等の組織を痛めてしまった場合、損傷部位に対して適切な治療を行うことで、痛みの緩和や損傷部位の回復を目指します。

しかし、このような損傷部位は、外見から判断することが難しいですし、骨折などの骨の異常とは異なるため、レントゲン写真で判断することも容易ではありません。

2 損傷部位を的確に判断するために

損傷部位を突き止めるための判断材料の一つとなるのが、治療前に行うカウンセリングです。

例えば、痛む部位について「どこが痛むのか」「いつから痛むのか」「何をすると痛むのか」といったことを聞かれることがあります。

痛みの程度については、「ズキズキとした痛みなのか、ジンジンと痛むのか、ズキッと痛むのか」「痛みに波がないか」「時々痛みが強くなるのか、ずっと痛みが続いているのか」などを聞かれることもあるようです。

通院先によって、カウンセリングの方法は様々ですので、こういった具体的な質問ではなく、抽象的な質問をされることもあるかと思います。

どのような場合でも、痛む部位や痛みの程度をなるべく細かく伝えるようにすると、より適切にケガの状態を把握してもらえる可能性が高まります。

交通事故で骨折した場合のリハビリ治療

  • 最終更新日:2022年10月20日

1 骨折をした場合の治療の流れ

多くの場合は、骨がくっつくまでギプスで固定して、その後リハビリ治療を行い、筋力の回復や関節の動きの調整を図るという流れになります。

複雑骨折など状態が酷い場合には、手術が必要となることもあります。

また、ギプスで固定している時から、リハビリを開始するケースも見受けられます。

2 リハビリ治療について

ギプスで固定して動かさずにいると、どうしても筋力が衰えてしまいますし、関節の動きも鈍くなってしまいます。

そのため、骨折後のリハビリ治療では、低下した筋力を元の状態に戻すためのリハビリや、関節の可動域を正常に戻し、動きを滑らかにするためのリハビリを行っていきます。

3 リハビリの具体的な内容は通院先によって異なります

リハビリ治療の内容や方針は院によって異なります。

中には、回復を早める効果が期待できる機器を用いて対応するところもあります。

いずれにしても、一度のリハビリですぐに元の状態に戻るわけではなく、複数回のリハビリを重ねる中で、徐々に状態を整えていくことが一般的ですので、信頼して任せられる院を選び、通院されるとよいかと思います。

4 通院しやすい院を選択することをおすすめします

何度も通院することを考えると、通院が負担になるような院ではなく、通院しやすい場所にあり、無理なく通える時間帯に営業している院を選ぶことが大切かと思います。

交通事故のケガの治療費について

  • 最終更新日:2022年6月10日

1 治療費は誰が負担してくれるのか

交通事故被害者の方の場合は、原則として相手方の負担となりますので、自己負担なく治療を受けることができます。

ただし、交通事故との因果関係、施術の必要性・相当性が認められる場合に限られます。

また、過失の有無によっても変わってきます。

交通事故加害者の方の場合は、人身傷害保険に加入してれば、その保険から補償を受けられる場合があります。

2 誰がどのように支払うのか

相手方保険会社が治療費を負担する場合、通院先の院が保険会社に請求を行うケースと、交通事故被害者の方が治療費を立替えて、立替えた治療費を相手方保険会社に請求するケースがあります。

前者の際は、窓口で治療費の支払いをすることはありませんが、後者の場合は窓口で支払いをしなければいけません。

3 治療費に関する疑問は通院先に相談を

交通事故のケガの治療で通院するにあたって、治療費の負担があるのか、ある場合にはどれぐらいかかるのか、不安に思われる方もいらっしゃることと思います。

それぞれの状況によって異なりますので、通院先に相談されることをおすすめします。

丁寧に対応してくれる院であれば、今後も安心して通院を続けられるかと思います。

交通事故で痛めやすい箇所とその治療

  • 最終更新日:2023年9月28日

1 交通事故で多い頸椎捻挫

後ろから突然追突されるような交通事故に遭い、首が前後に大きく揺さぶられることで頸椎を損傷するケガをしてしまうことが多く見受けられます。

頸椎捻挫の場合、一見するとケガをしていないように見えてしまうため、ケガをしていることに気が付くのが遅れてしまったり、痛みがあったとしても大したことないと判断してしまい、治療を受けるのが遅くなってしまったりする場合があります。

ケガをそのままにしてしまうと、首や周囲のお身体の痛みが増すだけでなく、損傷部位を庇おうと周りの筋肉が硬くこわばってしまうことで、血流を滞らせ、冷えやしびれを引き起こす可能性があります。

日常生活に支障をきたすおそれがあるため、なるべく早く適切な治療を受けることが大切です。

そのため、交通事故後に首などに痛みや違和感が生じた場合は、頸椎捻挫を疑い、交通事故治療を得意とする院に相談することをおすすめします。

2 頸椎捻挫の治療

頸椎捻挫の治療方法は多岐にわたり、院によって治療方法が異なることがあります。

大半の場合、痛みが強い急性期は、炎症を抑えるため鎮痛薬や湿布を使用したり、コルセットを巻いて固定したりすることで、痛みの緩和を目指します。

急性期が過ぎ、症状が落ち着いてから、固まった筋肉をほぐし、血流を良くするリハビリ治療を行う流れとなることが多いです。

頸椎捻挫による症状も一人ひとり異なりますので、個々の状態に見合った適切な治療プランを提案してくれる院を選ぶことが大切です。

知多で通院先を探される際は、交通事故サポートドットプロに掲載している情報も参考にしていただけると幸いです。

交通事故のケガの治療をお考えの方へ

  • 最終更新日:2021年9月15日

1 交通事故治療を得意とする院を選ぶ理由

交通事故のような強い衝撃をお身体に受けることによって、様々な部分に影響が生じるおそれがあります。

交通事故によるケガは、レントゲン写真で判断しやすい骨折や、外傷を伴うようなケガだけとは限りません。

見た目からは分かりにくいお身体の深い部分を損傷していることもあります。

このようなケガも見落とすことなく、きちんと治療を受けられるようにするため、交通事故治療を得意とする院を選ぶことが大切です。

2 通いやすい院を選ぶ理由

交通事故治療のために何度か通院することになる場合が多いです。

通院が負担になってしまいますと、足が遠のき、適切な頻度で治療を続けることが難しくなってしまうかもしれません。

無理のない範囲で通院できるように、通いやすい院を選ぶとよいかと思います。

3 手厚くサポートしてくれる院を選ぶ理由

ケガの治療内容や、通院期間などは人それぞれ異なるため、自分の状況と一致する情報を集めることは容易ではありません。

手厚くサポートしてくれる院であれば、丁寧な説明が期待できますし、疑問点や不明点を尋ねやすいのではないでしょうか。

知多で交通事故の治療をお考えの方は、通院先探しの際に当サイトもご覧いただければと思います。

交通事故治療のための検査

  • 最終更新日:2021年6月11日

1 画像検査

画像検査の代表的なものとして、レントゲン検査があります。

レントゲン検査では、骨折などの骨の異常を見つけることができます。

レントゲン写真では異常がないと言われたが、痛みが続いているという場合には、神経や靭帯等の組織に異常がないかを画像で判断するため、MRIやCTを行うことがあります。

2 神経学的検査

神経学的検査とは、神経の異常について調べる検査です。

交通事故のケガとして多くあげられるむちうちは、画像検査で痛みの原因等を見つけることが難しく、むちうちの痛みや痺れの症状を裏付ける検査として、神経学的検査を用いる場合があります。

その他にも、交通事故の強い衝撃をお身体に受けたことによって、様々な部分にケガをしていることが考えられます。

外見からは判断できないようなケガの場合は、症状や部位にあった適切な神経学的検査を受けることで、痛みの原因を突き止めることができる可能性があります。

3 必要に応じて適切な検査を受ける

ケガの根本改善のためには、根本原因にしっかりとアプローチすることが必要となります。

痛みの原因を突き止めるため、必要に応じて適切な検査を受け、お身体の状態に合った適切な治療を受けることが大切です。

知多で交通事故治療における通院先をお探しの際は、交通事故サポートドットプロの情報も参考にしていただければと思います。

一般的な交通事故の治療の流れ

  • 最終更新日:2021年5月19日

1 受付・カウンセリング・検査

受付で問診票等に記入を行い、検査やカウンセリングを受けることが一般的です。

痛みがある部分の骨の具合を確認するため、レントゲン撮影をする場合も多いかと思います。

骨折はレントゲン写真で判断することができますが、レントゲン写真では分かりにくい靭帯や神経の損傷を確認するため、MRIなどの機器を用いる場合もあります。

実際にお身体に直接触れながら、関節の可動域等をチェックするような検査もあります。

交通事故の衝撃がお身体に与えた影響をきちんと確認し、適切な治療プランを考えていきます。

2 治療内容の説明

交通事故のケガに対して、痛みの軽減に効果的な機器を用いて治療を行ったり、筋肉のこわばりをほぐすための手技治療を行ったりしていきます。

治療内容は、痛みが強い急性期なのか、痛みが落ち着いてきた時期なのかによって異なります。

治療内容について事前に説明があることが一般的ですが、説明の仕方は院ごとに異なります。

わかりやすい言葉で丁寧に説明してくれる院ですと、安心できるのではないでしょうか。

3 治療とその後の対応

交通事故のケガは、一度の治療で回復するようなケガばかりではありません。

治療を複数回行うことで、少しずつ回復していくケガも多いため、治療後に次回の来院のタイミングについて説明を受ける場合もあります。

家の近くや勤務先の近くにある院に通院していれば、無理なく計画的に通院できるかと思いますので、知多で通院先をお探しの方は当サイトの情報もご参照ください。

交通事故治療後に痛みが残ってしまったときは

1 痛みが残る理由を探す

治療しても痛みが残る場合、その痛みの根本的な原因を再度調査して、明らかにすることが重要です。

交通事故によって、お身体の深い場所を損傷してしまっている場合があります。

外傷はみられないものの、筋肉、靭帯、神経などが損傷していることが考えられますし、その損傷によってお身体全体のバランスの悪化を引き起こしている可能性もあります。

そのため、お身体の状態についてしっかりと確認してもらえる院に通院することが大切です。

2 手厚いケアをしてくれる院を探す

痛みを軽減するための治療だけでは、深部の損傷部位の改善につながらず、治療を続けていても痛みがぶり返してしまうケースがあります。

痛みがある部分を表面的に治療するのではなく、痛みの根本改善を目指して、痛みの原因に対してさまざまな手法でアプローチを行うなどの手厚いケアをしてくれる院を探し、治療を受けるとよいかと思います。

3 適切な治療を受ける

交通事故によるケガが原因で筋肉がこわばってしまいますと、周辺の組織を圧迫し、血行が悪くなってしまうことがあります。

血行が悪くなりますと、酸素や栄養が全身にうまく届かず、老廃物も蓄積してしまい、お身体の不調の原因となってしまいます。

筋肉の緊張を緩和させることによって、血流を改善し、お身体の状態を整えることを目指します。

無意識に痛みのある部分をかばってしまい、お身体のバランスが崩れてしまっている場合は、よい状態に戻すための治療も必要となります。

このように、痛みの原因部分に対するアプローチだけでなく、お身体の全身の状態をきちんと整える治療を行うことで、少しずつ改善できる場合がありますので、痛みが残ってしまったとしても諦めずに、まずはご相談ください。

交通事故の治療を早めに始めた方が良い理由とは

  • 最終更新日:2023年7月26日

1 事故直後は痛みを感じにくい

追突事故などの交通事故に遭うと、実際はケガをしているのに、直後は痛みやしびれなどの自覚症状がない場合があります。

この場合、交通事故の影響で興奮状態になっていて、痛みを認識できていないことが原因として考えられます。

さらに、事故直後は症状がなくても、時間が経ってから症状が現れる場合もあります。

そのため、自覚症状を感じていない場合でも、早めにお近くの院にご相談いただくとよいかと思います。

2 早期回復の可能性が高まる

交通事故のケガの治療を受けずに放置してしまいますと、ケガをしている部分だけでなく、その周辺部位の神経等まで傷付けてしまい、ケガが悪化してしまうおそれがあります。

ケガが悪化すると、その分回復までに時間を要してしまいます。

早期回復のためにも、早い段階から適切な治療を受けることが大切です。

3 根本改善の可能性が高まる

交通事故後のお身体の痛みをそのままにしてしまいますと、筋肉や神経といった内部組織の損傷による痛みが、後遺症としてお身体に残ってしまうかもしれません。

ケガの痛みをお身体に残さずに、根本から改善するためには、早い段階で適切な治療を受けることが重要です。

軽度の痛みや違和感であっても、まずはお近くの院に出向き、適切な治療を受けられることをおすすめします。

通院先をお探しの知多にお住まいの方は、交通事故サポートドットプロに掲載している情報も参考にしていただければと思います。

交通事故のケガの治療について

  • 最終更新日:2023年6月1日

1 交通事故によるケガの特徴

交通事故の衝撃はとても大きく、お身体に与える影響も少なくありません。

たとえ低速の事故だったとしても、身構えていない状態で交通事故の衝撃をお身体に受けることになりますので、筋肉や靭帯に損傷を負ってしまうことが多いです。

こういった筋肉や靭帯に負った損傷は、一見するとケガをしていないように見えてしまうため、ケガをしていることに気が付かないこともあるようです。

また、交通事故直後は痛みを感じなかったが、後から段々と痛みが強くなる場合もあります。

交通事故によるケガには、このような特徴がありますので、交通事故後、痛みやしびれ、頭痛といったお身体の不調が生じた際は、適切な治療を受けられることをおすすめします。

2 治療を受ける通院先の選び方

形式的な治療は、一時的な痛みの緩和には有効かもしれませんが、ケガの根本改善には不安が残ります。

交通事故の状況によってお身体に受ける衝撃は異なりますし、痛みやケガの程度も一人ひとり異なるため、個々のお身体の状態に合った適切な治療を行ってくれる院に相談することをおすすめします。

治療の前に丁寧なカウンセリングや検査を行い、お身体の状態をしっかりとみてくれるような院ですと安心できるのではないでしょうか。

当ページでは、知多の方に向けて、通院先の情報を掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。

3 ケガの治療

手技や機器を用いた治療を行い、ケガの回復を目指します。

例えば、動かせる範囲に制限がかかっているような場合は、筋肉の緊張をゆるめるなどの治療を行い、徐々に通常の可動域を取り戻せるようにしていきます。

痛みが強い場合には、機器治療で除痛や炎症の抑制を図ります。

こういった処置を、どの部分にどのように行えばよいのかを的確に判断するためには、交通事故によるケガに関する知識や高い施術技術が求められますので、治療経験が豊富な院に相談することが大切です。

交通事故の治療の通院先の選び方

  • 最終更新日:2023年4月12日

1 通いやすい通院先を選ぶ

交通事故によるケガの治療は、大半の場合、複数回の通院を続け、ケガの回復を目指すことになります。

通院先が遠い、駐車場がなくて不便、仕事終わりに治療を受けることができないといった理由から、適切な頻度で通院を続けることが難しくなってしまわないように、通いやすい通院先を選ぶことが大切です。

通いやすさといっても、その基準は人それぞれ異なります。

自宅の近くにある院を選ぶのか、勤務先の近くにある院を選ぶのか、交通の便の良い場所にある院を選ぶのか、あるいは、治療を受け付けている日時や駐車場の完備といった条件で選ぶのかなど、選ぶ際の基準は色々と考えられます。

こちらでは、知多にある病院や整骨院をご紹介しておりますので、通院先を探す際は参考にしていただければと思います。

2 交通事故の治療を得意としている通院先を選ぶ

交通事故のケガの治療を得意としている院ですと、交通事故のケガの治療に関する知識や経験が豊富かと思いますので、ケガの状態に応じたより適切な対応が期待できます。

外見からはケガをしていることが分かりにくい場合もありますので、そのような交通事故のケガに対しても適切な治療を受けられるように、交通事故の治療を得意としている院を選ばれることをおすすめします。

県内の「地域名」から探す

【尾張地方】

【西三河地方】

【東三河地方】

県内の「駅」から探す

【近鉄】

【JR】

【名古屋市営地下鉄】

【名鉄】

【その他】

愛知県の
交通事故関連地域情報