交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

半田市の交通事故関連地域情報

  • 市内の『整骨院・接骨院』をお探しの方は こちらのページ をご覧ください。

  • この地域の『弁護士法人心 名古屋法律事務所』の情報は こちらのサイト をご覧ください。

愛知県の交通事故関連地域情報

持病がある場合の交通事故治療

1 交通事故が原因で持病が悪化することがあります

交通事故に遭ったことで、元々あった腰痛やヘルニアなどの持病が悪化したというケースも少なくありません。

交通事故では、身体へ非常に大きな衝撃がかかることとなります。

そのような衝撃がかかれば、持病が悪化してしまうことも十分考えられます。

交通事故に遭ってから、より強く痛むようになったということであれば、悪化している可能性が大いにあるため、なるべく早く検査を受けるようにしてください。

持病だからといって放置していると、適切な賠償が受けられなくなるだけでなく、痛みが長期化したりずっと残ったりしてしまうおそれがあります。

2 ケガの見落としに注意が必要です

交通事故では、複数の箇所をケガしてしまうこともあります。

持病がある場合には、自覚もしている分そちらに目が行きがちで、他のケガを見落としてしまうことも考えられます。

筋肉の硬直による不調や筋肉・神経の損傷といった見た目に変化の現れないものであれば、なおさらです。

さらに、交通事故で多いケガには、直後には痛みを感じないものの数日経ってから痛みが現れるものがあり、これを見落としてしまうケースも多々見受けられます。

そのため、持病がある場合には特に、ケガをしている箇所や主に痛みのある箇所だけでなく、全身の状態をしっかりと調べてもらうことが重要です。

交通事故のケガの治療は通常の治療と異なる点もあるため、交通事故治療を得意としている院でみてもらうのがよいかと思います。

交通事故治療を受けるにあたって

1 必要な情報の整理が必要です

交通事故治療においては、①相手方の情報、②事故時の状況、③ケガの状態や身体で気になる点といった情報が必要となります。

①の相手方の情報というのは相手の保険会社とその連絡先のことであり、治療費の請求等に使用します。

②は、ケガの状態を把握するために必要な情報であり、事故時の状況からどのように身体に負荷がかかったのか等を推測します。

③はカウンセリングで主に聞かれることですが、その場で整理しながら話そうとしても、伝え忘れることが考えられますので、事前に整理しておくことをおすすめします。

③に限らず、その場で思い出しながらだとしっかりと通院先へ伝えられないおそれがありますので、可能であれば事前に整理してから通院した方がよいかと思います。

2 治療を受けやすい服装の準備

交通事故のケガの治療では、手足を動かしたり身体をひねったり、リハビリで身体を動かしたりすることがあります。

そのため、気になる方は治療を受けやすい服装で通院した方がよいかと思います。

治療を受けやすい服装としては、ジャージやTシャツのような動きやすい服装がおすすめです。

わざわざ治療を受ける用の服装を用意する必要はなく、普段着でできる範囲で取り入れれば十分かと思います。

交通事故による頸椎捻挫の治療

交通事故による頸椎捻挫の治療

頸椎捻挫は、交通事故でのケガの中でも見られることが多いケガです。

その特徴として、事故に遭った直後は痛みを感じづらく、時間が経ってから痛みが出てくることや、レントゲン等の画像検査では異常が認められない場合があることなどがあります。

事故直後に痛みを感じづらいのは、身体が興奮状態になっているためで、検査を受けたら頸椎捻挫になっていたということも珍しくありません。

頸椎捻挫においては、初期の段階で適切な治療を受けることが早期改善のために重要です。

適切な治療のためには検査が必要となりますので、何も感じなかったとしても、ケガをしている可能性を考慮し、事故に遭ったらなるべく早い段階で検査を受けていただくことをおすすめします。

2 頸椎捻挫の治療

頸椎捻挫は、交通事故の衝撃で首が前後に大きく揺さぶられ、首を固定している筋肉や靭帯を痛めてしまっている状態です。

傷ついた筋肉や靭帯を修復したり筋肉の緊張をほぐしたりするために、手技やレーザー、電気等を用いた治療が行われます。

また、必要だと判断された場合には、頸椎カラーで首を固定することもあります。

決まりきった治療ではなく、一人ひとりの状態に合った適切な治療を受けることで根本改善の可能性が高まりますので、頸椎捻挫の治療を受ける際には、交通事故治療の経験が豊富な院へ相談していただくとよいかと思います。

交通事故治療で行われる検査

1 機械による検査

交通事故でのケガは、見た目に現れないこともあるため、検査でケガをしている箇所を見つけ出していきます。

レントゲンでは、X線を用いて骨折や脱臼が起きていないかを確認します。

レントゲンで異常が認められなかったとしても、細かいダメージを受けていることがあるため、MRIで検査を行い、異常を確認していきます。

MRIは、レントゲンとは異なりX線を使用しない検査で、正面からだけではなく様々な角度から身体の断面を画像化することができます。

そのため、関節や筋肉の詳細な状態を確認するために使われます。

これらの検査により、身体のどの部分がどのようにダメージを受けているのかを画像化して確認できるため、その部分に対して適切に治療ができるようになります。

2 治療者本人による検査

上記のような機械による検査の他に、治療者本人が検査を行うこともあります。

例えば、筋肉が腫れていないか、骨格・姿勢などに異常が無いか等を、目で確認したり直接ケガした箇所を触って確認したりします。

また、無理のない範囲で身体を動かしてみることにより、可動域制限が起こっていないかを確かめることもあります。

検査を受けることで適切な治療を受けられる可能性もあるため、交通事故に遭ったらしっかりと検査をしてもらえる院へ行くとよいかと思います。

交通事故治療で通院する際の流れ

1 通院先を選ぶ

交通事故のケガは、事故から数日経って痛みやしびれが出てきたり、吐き気やめまいなどの事故とは関係が無さそうな不調が出てきたりと、普通のケガと異なる点がいくつかあります。

そうした特徴を理解していないと、適切な治療を受けられず、お身体に不調が残り続けてしまうことがあるため、交通事故のケガに詳しい院に通院していただくのがおすすめです。

当ページも通院先探しの参考にしていただければと思います。

2 検査・治療を受ける

現在痛みやしびれなどが出ている箇所以外も実はケガをしていることがあるため、検査をしっかり受けることが重要となります。

レントゲンやMRIなどの画像検査や、お身体に直接触れたり動かしたりする検査があります。

検査を通じて、痛みやしびれを引き起こしている部分や、その他の傷ついている部分などを特定し、その部分の状態に応じた治療が行われます。

3 通院を続ける

交通事故でのケガは一度で完全に良くなるということは少ないため、何度か通院をする必要があります。

治療の必要があるのに自己判断で通院を中断したり、間隔がかなり空いたりすると、ケガの早期・根本改善が難しくなってしまう場合があるため、定期的に通院できるような通院先を選んでいただくのがよいかと思います。

交通事故によるケガの治療期間

1 治療にかかる期間

交通事故に遭われた方の中には、いつまで通院する必要があるのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

交通事故に遭うこともしょっちゅう経験することではないため、治療にかかる期間は見当もつかないという方がほとんどではないでしょうか。

いつまで治療を受けるのかについては、事故の規模やケガの種類、治療の進み具合などによって変わってくるため、必ずこの期間で終了するということはいえません。

以下では、捻挫と頸椎捻挫の一般的な治療期間の目安をご紹介していきます。

2 捻挫

捻挫でも、歩いたり動かしたりすることのできる軽い捻挫であれば、5日~2週間程度で良くなるケースが多いです。

歩きづらさを感じたり動かす際に痛んだりする場合は、2週間~3か月程度といわれています。

歩くことができなかったり痛みが強かったりする場合は、治療に3か月以上かかることもあります。

3 頸椎捻挫

交通事故のケガに多いのが、首の捻挫である頸椎捻挫です。

軽いものだと3か月、重いものだと半年以上かかるといわれています。

頸椎捻挫の特徴として、事故直後には痛みを感じないことが多いということが挙げられます。

そのため、放置されてしまいがちではありますが、自然と良くなるものではないため、注意が必要です。

交通事故によるケガの治療で転院をお考えの方へ

1 転院も選択肢の一つです

交通事故でケガをしてしまい、治療のために通院を続けている方の中には、ケガが良くなった感じがしない・痛みやしびれなどが悪化したという方もいらっしゃるかと思います。

上記のようなことを感じるのであれば、現在の治療がお身体に合っていなかったり、ケガの原因へ適切にアプローチできていなかったりする可能性があります。

現在の通院先へ相談してみるのがよいと思いますが、交通事故のケガでも転院は可能であるため、必要であれば選択肢の一つとして視野に入れていただくとよいかもしれません。

2 転院先を決めるポイント

交通事故のケガは、定期的に通院することが重要となります。

そのため、これまでの通院先が遠かった場合は、ご自宅やお勤め先の近くの院に転院するのもよいかと思います。

定期的に通院を続けることができれば、ケガの早期改善を目指すことができます。

また、交通事故のケガの治療を得意としているかどうかにも着目していただくことをおすすめします。

そのような院であれば、一人ひとりの身体に合った治療を行ったり、ケガの原因を突き止め、それに合った治療を行ったりしてもらえる可能性が高いため、ケガの根本的な改善も期待できます。

早期の検査や治療が大切です

1 効果的な治療のため検査はお早めに

交通事故のケガでは、首や肩の痛み、腕のしびれが表れることが多いです。

これらは、首が頭を急激な事故の衝撃から保護しようとして、筋肉が緊張したことにより生じるものです。

筋肉が緊張していると聞くと、揉みほぐせば良くなるかもしれないと考える方もいらっしゃるかと思います。

ですが、自己流の揉みほぐしは注意が必要です。

筋肉の状態によっては揉みほぐしが適切な対処とは限りませんし、間違った箇所に無理に力が加わることで、かえって痛みが悪化してしまうおそれがあります。

検査を受け、原因となっている箇所を突き止めることで、どのようなアプローチ方法で治療をすればよいのかがわかり、ケガの根本的な改善につながります。

2 ケガの早期改善が期待できます

また、適切な治療を早期に受けることで、ケガを早期に改善できる可能性が高くなります。

痛みなどが強くなってから治療を受けることもできますが、早期に治療を受けた場合よりも、改善までに時間がかかってしまう可能性があります。

また、放置しておいても良くなると思い、治療を受けずにそのままにしておくと、痛みやしびれなどがお身体に残り続けてしまうケースもあります。

これらのようなことを防ぐためにも、事故に遭われたら、なるべく早めに検査と治療を受けに行っていただくとよいかと思います。

交通事故に多いケガの治療

1 多いのは頸椎捻挫です

頸椎捻挫は、いわゆるむちうちの中で最も多くみられるケガです。

首の周りの筋肉や靭帯などの組織が損傷を受けている状態であり、首回りが痛んだり動きが制限されたりします。

そのほかにも、背中にコリを感じたり頭痛やめまいが起こったりと、痛みのある箇所には直接関係がなさそうな不調も起こることがあるのが特徴です。

また、事故に遭った直後は身体が興奮状態にあり、痛みなどを感じにくくなっているため、数日経ってから痛みなどが生じるというケースも多いです。

2 頸椎捻挫の治療の一般的な流れ

頸椎捻挫の初期は、筋肉が炎症を起こしているため、損傷を受けている箇所をアイシングで冷やします。

また、この段階では、安静に保つことが大切なため、首を固定する頸椎カラーを使用することもあります。

筋肉の炎症が落ち着いてきたら、血行を促進させるために、筋肉を手でほぐしたり、遠赤外線や電気療法などによって温めたりします。

血行を促進させるのは、身体の自然治癒力を高めるためです。

この温め方や治療のしかたについては、治療を受ける院により異なります。

治療内容について不安がある場合は、方法を変えてもらえることもありますので、必要に応じて通院先に伝えるとよいと思います。

交通事故の治療で意識すべきこと

1 検査と治療はお早めに

交通事故に遭われたら、なるべく早めに検査と治療を受けられることをおすすめします。

交通事故によるケガは、悪化すると手や足に影響が残ってしまうおそれがあるためです。

早いうちにしっかりと検査を行い適切な治療を受けないと、痛みやしびれがずっと残ったままになってしまうことも起こりえます。

痛みやしびれなどが出ていなかったとしても実はケガをしているという可能性があるため、放置するのは避けた方がいいのではないでしょうか。

2 自己判断で通院をやめない

治療のために通院を始めたら、通院先の指示に従って、適切に通院し続けることが大事です。

通院を続けるうちに、人によっては、痛みなどが楽になってきたためもう良くなったと思い、実際にはまだ通院の必要があるような状態で通院をやめてしまう場合もあります。

ですが、そこで油断をしてしまい、かえってケガが悪化してしまったというケースが多いのです。

これまで安静にしていた反動や無理をしてしまったことによって、ケガが悪化することにつながるのかもしれません。

したがって、通院先の判断に従って通院を続け、ケガの根本的な改善を目指すようにしてください。

交通事故治療の費用について

1 被害者の自己負担は原則なし

交通事故でケガを負った場合、治療の費用は、原則として加害者側の負担となるケースが多いです。

そのため、交通事故被害者の方がご自身で治療費用を負担することはあまりありません。

お身体の治療に集中していただけるかと思いますので、安心してご通院ください。

もっとも、通院先によっては一時的に被害者の方に費用の立て替えをお願いすることがあったり(この場合も最終的な費用負担は加害者側になります)、以下でも述べる通り、被害者の方にも過失がある場合などは、費用負担が発生する可能性がありますので注意が必要です。

2 被害者にも過失がある場合の費用負担

被害者の方にも過失がある場合は、被害者自身で治療の費用を負担する必要があります。

しかし、ご自身で加入されている自動車保険から費用の支払いを受けられる可能性もありますので、一度契約している保険会社に連絡をされることをおすすめいたします。

ご加入中の保険に弁護士費用特約が付いていれば、交通事故について弁護士に依頼する際の費用についても、保険会社が負担してくれる可能性がありますので、ご興味のある方は併せてご確認ください。

交通事故の治療を受ける際の注意点

1 痛みの早期改善を目指せる

交通事故に遭うと、お身体の様々な部位に痛みが出ることがあります。

日常で負うささいなケガであれば、放っておいてもそのうち痛みが弱まっていくことがありますが、交通事故によるダメージは大きいため、放っておいても痛みが弱くなるどころか、かえって強くなることがあります。

痛みが強くなってから治療を受けていただくこともできますが、そうすると改善までにより時間がかかってしまったり、必要となる通院回数が増えてしまったりする可能性がありますので、できる限り早めの通院をおすすめいたします。

痛みが強くなる前に治療を受けていただくことで、より早い改善を目指すことができます。

2 痛みの悪化・後遺症化の防止を目指せる

上で述べたように、交通事故によるケガを放置してしまいますと、痛みが強くなることがあります。

また、痛みが改善しない状態が長引くと、その周辺の筋肉の調子も悪くなっていき、身体が動かしづらくなったり、こり固まった筋肉が神経や血管を圧迫して別の部位に痛みやしびれが起こったりするおそれがあります。

また、痛みが出る部位をかばうようになってしまい身体全体のバランスが崩れたり、ひどい場合は痛みや不調がお身体に残ってしまったりする場合もあります。

早くから適切な治療を受けることができれば、このような悪化・後遺症化の防止を目指すこともできるかと思いますので、交通事故の後はお早めの通院を考えていただくとよいかと思います。

通院先選びのポイント

1 交通事故の治療を得意としているか

交通事故に遭った後の身体 は、日常生活では受けることがないようなダメージを負っています。

そのため、改善に必要となる治療や検査の内容も、やはり日常生活で負うケガとは異なります。

適切な治療を受けるためにも、通院先を選ぶ際は交通事故治療を得意としているところを選ぶことが重要です。

当サイトでは、交通事故の治療に力を入れている院をご紹介しております。

半田で良い通院先はないかとお悩みの方にもお力になれるかと思いますので、どうぞご利用ください。

2 通いやすい立地にあるか

交通事故によるケガを根本から改善するためには、適切な治療を定期的に受ける必要があります。

通院先が自宅から遠く通いにくいなどのご事情があると、なかなか定期的な通院が難しくなってしまうかと思いますので、通院先を選ばれる際は、無理なく通える範囲で探されることも重要です。

お仕事をされている方であれば、お勤め先の近くや、通勤経路上にある駅の近くなども視野に入れて探されるとよいかもしれません。

3 通いやすい時間に営業しているか

「特定の曜日に通院したい」「平日の夜、仕事が終わってから通院したい」など、通院に関するご希望は人によって様々かと思います。

通院先を選ばれる際は、ご自身が通いやすい日時に営業しているところであるかどうかを確認することも重要です。

立地と同じく、無理なく通うことができそうかどうかという視点でお探しください。

交通事故治療の流れについて

1 検査

まずは交通事故によってどのようなケガを負ったのかを正確に把握するため、通院先での検査を受けることが大切です。

どのような検査を受けるかは通院先によって異なりますが、レントゲン検査やエコー検査、または実際にお身体に触れたり動かしたりしながらの検査が中心になるかと思います。

より詳細にお身体の状態を確認することになった場合は、MRI検査などを受けていただくこともあります。

このような検査を通じて、目に見えるケガだけでなく、お身体の内部に損傷がないかを確認していくことは、交通事故治療においてとても重要です。

2 治療

検査の結果をもとに、それに適した治療を受けていただきます。

病院によって治療の方針や取り扱っている治療機器などは異なりますので、気になる方は事前に通院先のホームページ等でご確認いただくことをおすすめいたします。

3 通院の継続

交通事故によって身体が受けるダメージは大きいため、多くの場合一度の治療での改善は難しいといわれています。

交通事故後の痛みや不調をしっかりと改善するためには、適切な頻度で治療を続けることがとても大切です。

痛みが緩和されたとしても、完全に治りきっていない状態で通院をやめてしまうと、その痛みが慢性化してしまう可能性もありますので、痛みがきちんと治まるまで、定期的な通院を続けられることをおすすめいたします。

交通事故の治療を受ける際の注意点

1 できる限り早期に治療を受けること

治療を受けるのが遅くなってしまいますと、痛みが悪化してしまったり、ケガの改善までにかかる時間が長くなってしまったりするおそれがあります。

そのため、違和感や不調がある場合には、できる限りすぐに治療を受けることをおすすめいたします。

お仕事などでなかなか通院の時間が取りづらいという方は、夜遅くまで受付をしているところや、職場の近くなどで通院先を探されるとよいかと思います。

2 根本改善を目指すこと

ケガが治りきらない状態で治療に通うのをやめてしまいますと、痛みが再発したり、痛みや動かしづらさといった不調が治りきらないままお身体に残ってしまったりする可能性があります。

そのため、通院先の指示に従って、痛みや動かしづらさを感じない状態になるまできちんと治療に通うことがとても大切です。

院によっては、どのくらいまで通院する必要があるのか、見通しを教えてもらえることもありますので、気になる方は通院先に尋ねてみるとよいかと思います。

通院先が家や職場から遠いところにありますと、定期的に通うことが難しく感じてしまうかと思いますので、ご自身の生活に合わせて通院先を探すことをおすすめします。

当ページでは、半田で交通事故治療に力を入れている通院先をご紹介しておりますので、半田にお住まい・お勤めの方はこの中から通院先をお選びいただくのも一つの選択肢かと思います。

どうぞご参考になさってください。

県内の「地域名」から探す

【尾張地方】

【西三河地方】

【東三河地方】

県内の「駅」から探す

【近鉄】

【JR】

【名古屋市営地下鉄】

【名鉄】

【その他】

愛知県の
交通事故関連地域情報

適切な治療を受けるためにも

交通事故で衝撃を受けると、大きく首が揺さぶられて首を捻挫してしまいます。

この捻挫は頸椎捻挫といい、交通事故で最も多いケガの一つです。

衝撃を受けた際に、首を固定している筋肉や靭帯を痛めてしまうことが頸椎捻挫となる主な原因といわれています。

頸椎捻挫の主な症状は首や肩の痛みですが、首周りだけでなく背中まで痛むこともあります。

首から背中はつながっているため、首周りの痛みをかばおうとして、背中の筋肉が強く緊張することが原因だと考えられています。

また、損傷を受けたのが神経であった場合、頭痛やめまい、吐き気など全身に不調が現れることもあります。

こうした不調を放置していると後遺症として残ってしまうおそれがありますので、事故後身体に痛みや違和感があれば、なるべく早めに適切な治療を受けられるようにし、後遺症・後遺障害を残さないようにする必要があります。

早めに検査を受けることが大切です

ケガの症状が今は軽度なものであり、治療の必要がないと思っても、後々悪化して治療を受けたいとお思いになることもあるかもしれません。

軽いケガでも、放置していれば後遺症や後遺障害が残ってしまう可能性もありますし、治療の必要性があることもあります。

軽いケガですと、自己流のストレッチやマッサージで済ませようとされる方もいらっしゃるかもしれませんが、むやみに痛む箇所を触ると、悪化してしまうおそれがあるため、避けた方がよいかと思います。

ケガをいち早く改善したり、後遺症・後遺障害を残さないように根本的に改善したりするためには、専門知識のある病院や接骨院で治療を受けるのがおすすめです。

また、頸椎捻挫は、初めは痛みがなくても、事故から数日後に痛みやしびれなどが生じることが多いものです。

痛みやしびれなどの不調が出てきてからでも改善を目指すことは可能ではありますが、受傷直後から適切な治療を受けられると、その分改善のスピードも早まります。

そのため、事故に遭ったら身体に痛みや違和感がなかったとしても、早めに検査を受けるようにしてください。

治療の必要がないかどうかを確かめるため、早めに検査を受けておくということも重要です。

当ページにある半田市の交通事故についての関連情報の他にも、本サイトでは、交通事故に関する情報を多数掲載しておりますのでご参考ください。