交通事故による「むちうち」等の傷害の治療や後遺症・後遺障害で苦しまれている方のための情報提供サイトです。

交通事故に遭われた方のための総合情報サイト

瀬戸市の交通事故関連地域情報

  • 市内の『整骨院・接骨院』をお探しの方は こちらのページ をご覧ください。

  • この地域の『弁護士法人心 名古屋法律事務所』の情報は こちらのサイト をご覧ください。

愛知県の交通事故関連地域情報

交通事故直後の対応と治療

ハザードランプは,交通事故を起こしてしまった時,交通事故にあってしまった時にも使う場合があります。

交通事故に関わる車両を移動させる際などに点灯させることで,他の車に異常事態を知らせることになります。

交通事故にあってしまうと頭が真っ白になるかと思いますが,他の交通事故を引き起こしてしまうことがないよう,冷静に行動しましょう。

交通事故でケガをしてしまった場合には,後遺症を残さないために速やかに治療を受ける必要があります。

瀬戸市内の交通事故関連情報のページでは,瀬戸市内での交通事故治療の情報などについてご紹介をしておりますので,治療をどこで受けていいかわからない方や,ケガの治療について知っておきたい方は,ぜひご覧ください。

どういったところで治療を受けると良いか,ということなどについては「お役立ち情報」や「Q&A」などでもご紹介しております。

交通事故の治療の一般的な流れ

  • 最終更新日:2022年12月29日

1 カウンセリングと検査

交通事故のケガでの治療の流れとしては、受付で身体の状態について記入し、その内容をもとにカウンセリングや検査を受けるのが一般的です。

カウンセリングでは、事故当時の状況や現在のお身体の状態を確認します。

事故の直後だと、状況を整理するのは難しいかもしれませんので、わかる範囲内でお話しいただければよいと思います。

病院の検査では、レントゲンやMRIなどで、骨や靭帯、神経の損傷があるかを調べていきます。

接骨院であれば、実際に身体を動かしてみたり触れてみたりすることで筋肉の腫れや硬直が無いか、可動域が制限されていないかなどを確かめていきます。

2 治療

治療の内容について、説明を受けます。

事前に説明をされるのが一般的ではありますが、タイミングは院によって異なります。

カウンセリングや検査の結果から、適切だと判断した治療を行っていきます。

交通事故の治療を受ける機会はあまり無いと思われますので、安心して治療を受けられるようにするためにも、不安な点があれば質問していただくとよいかと思います。

治療後、姿勢や歩き方など日常生活の過ごし方で注意した方がよい点について、アドバイスを受けられることもあります。

交通事故後の治療は早めがおすすめです

  • 最終更新日:2022年10月25日

1 放置すると悪化するおそれがあります

首や腰は、交通事故によって痛めてしまうことが多い部位です。

それと同時に、頭や身体全体を支えている部位であるため、日常生活でも負担がかかっています。

日頃の負担に加え、交通事故で周辺の筋肉などが傷ついているとなると、いつ状態が悪化してもおかしくありません。

治療を受けず放置していると、気づかぬうちに悪化してしまい、ケガの早期改善が難しくなってしまうおそれがあります。

早くから適切な治療を受けることで、悪化させることなく改善できる可能性がありますので、事故に遭われたらお早めに治療を開始していただくことをおすすめいたします。

2 痛みなどが残ってしまうおそれがあります

人間の身体には、自然にケガを治す力があります。

しかし、その力にも限界があり、交通事故で負ったケガが自然と完璧に良くなるとは限りません。

自然に良くなると思い、治療を受けずに放置した結果、痛みなどがそのままお身体に残り続けてしまったというケースも見受けられます。

一度痛みなどが残ってしまうと、ケガをしてから時間が経っていないときに比べて、治療の効果も得づらくなってしまいます。

このようなことを防ぐためにも、改善できる可能性が高いうちに、治療を早めに開始していただくとよいかと思います。

交通事故でのケガの治療にかかる期間

  • 最終更新日:2022年8月31日

1 むちうち

事故時に受けた衝撃により、首が鞭のようにしなった動きをすることで、引き起こされるものです。

治療にかかる期間としては、ケガの程度にもよりますが、一般的に3か月から6か月ほどといわれています。

放置していても治ると思われがちですが、初期に適切な治療を受けていないと、痛みやしびれなどが慢性化してしまうおそれもありますので、注意が必要です。

2 骨折

治療法は、ギプスなどで固定する方法とプレートやネジを埋め込む手術の2つに大きく分けられます。

軽度の骨折の場合は一般的には6か月ほどと言われますが、手術を行うなど重度の場合は、1年から1年半かかることもあります。

3 打撲

交通事故のケガとしては最も多く、むちうちや骨折と比べると、比較的軽いものといえます。

打撲の程度にもよりますが、治療の期間としては数週間から1か月ほどとなる場合が多いようです。

4 治療はお早めに

交通事故でケガをした場合は早めの治療が重要となりますので、事故に遭ったらお早めに検査と治療を受けていただくことをおすすめいたします。

交通事故サポートドットプロでは、交通事故施術に力を入れている院も掲載しておりますので、ご覧いただければと思います。

交通事故の治療を受ける前に準備すること

  • 最終更新日:2022年6月27日

1 治療を受けやすい服装を用意する

治療を受けるときは、短パンやTシャツ、ジャージ、トレーナーなどケガをしている部分を出しやすく、動きやすいものを着用して行くのがおすすめです。

お身体に触れてケガの具合を確かめることもありますので、厚手の服や、女性の方に関しては、スカートも極力避けていただくとよいです。

通勤や通学途中などあまりラフな服装で行けない場合は、施術を受けるための服を別で用意しておくといいかもしれません。

2 ケガの状態を把握しておく

特に事故でのケガで治療を受ける場合は、事故当時の状況をカウンセリングで聞かれる場合もありますので、整理しておくとよいかと思います。

また、痛むやしびれのある場所はどこなのか、どのくらい痛むのか、めまいや頭痛といった不調もあるのかについても把握しておけると、痛みやしびれの原因の特定につながる可能性があります。

とはいえ、事故に遭った直後に、冷静に対処できる方の方が少ないと思いますので、これらは可能な場合のみで構いません。

最低限痛みやしびれのある場所さえわかれば、通院先の先生が話を聞いた上で原因を探り、治療の方法を提案してくれますので、ご安心ください。

県内の「地域名」から探す

【尾張地方】

【西三河地方】

【東三河地方】

県内の「駅」から探す

【近鉄】

【JR】

【名古屋市営地下鉄】

【名鉄】

【その他】

愛知県の
交通事故関連地域情報

陶器が有名な市です

愛知県瀬戸市は言うまでもなく「瀬戸物」で有名です。

陶器のことを瀬戸物と呼ぶくらい,古くからこの地では窯業が盛んであり,それは現在でも衰えることがありません。

街全体を美術館・博物館に見立てた「せと・まるっとミュージアム」という観光PRを市が主体になって推し進めており,土日など,日帰りで訪れる観光客でにぎわいを見せています。

また,毎年秋に行われる「せともの祭り」は全国的にみても最大規模と言われるほどの陶器の廉売市で,毎年多くの買い物客でにぎわいます。

陶器に特に詳しくなくても,食器などは毎日使うものですし,好みで選ぶだけでも楽しめるものですので,お時間の都合のつく方は,行かれてみるとおもしろいと思います。

お出かけの際はお車の方が多いかとは思いますので,運転の際には交通事故にお気を付けください。

軽い交通事故のよる鞭打ちの怪我でも,治療のやり方などによっては,治療しきれずに後遺症を残すことがあります。

本サイトでは,交通事故に遭った場合どうしたらよいか,どのように治療などを受ければ後遺障害を残す可能性を低くできるか等,交通事故治療や対応に関する知識をまとめているほか,地域ごとの交通事故治療を受けられそうな場所などの情報も掲載しておりますので,万が一の場合に備えて,是非ご覧いただければと思います。

もちろん交通事故にあわず,治療の必要がないというのが一番ではありますが,万が一交通事故が発生した時にどのように対処や治療をすればいいかということを知っておくだけでも,日頃から気持ちに余裕を持って運転しやすくなるのではないかと思います。